パク・ヘジン&キム・ミンジョン出演ドラマ「マンツーマン」撮影現場のビハインドカットを公開

写真拡大

「マンツーマン」のパク・ヘジンとキム・ミンジョンが、甘くも殺伐とした雰囲気を漂った。

本日(24日)、JTBC金土ドラマ「マンツーマン」(脚本:キム・ウォンソク、演出:イ・チャンミン) の制作陣は、キム・ソル(パク・ヘジン) とチャ・ドハ(キム・ミンジョン) の、甘くも殺伐とした雰囲気が感じられる撮影のビハインドカットを公開した。

公開したスチールでは、初回のエンディングシーンでの緊張感溢れたソルとドハの初めて出会うシーンを盛り込んでいる。実際に、休み時間にはお互いにいたずらをしているが、撮影に入るとすぐキャラクターに完璧に没入し、お互いに密着したまま真剣に呼吸を合わせていて視線を引き付ける。

劇中、韓流スター ヨ・ウングァン(パク・ソンウン) の第1号ファン出身で、堂々と彼の所属事務所であるチューイングエンターテインメントに就職したチャ・ドハは、直進しか知らない熱血マネージャーだ。キム・ミンジョンは今回のドラマできれいな姿は捨て、完全にドハ役のため、短いチョッピーバング(choppy bangs:不均等で短い前髪)ヘスタイルを変え、演技的変身を図った。

これに先立って、制作発表会でもキム・ミンジョンは「ドハは仕事においては情熱的で、単純で、過激で、感情的だが、母胎ソロ(生まれて1度も交際経験のない人) だから愛の前ではとてもバカらしい人物だ。以前に演技したキャラクターとは異なり、最も気楽に楽しく撮影に臨んだ」と覚悟を伝えた。

第1話〜2話を通じてミステリアスな警護員ソルに魅了されるウングァンと、そのようなソルが気になるドハ、この3人の三角関係がどういう風に描かれるのか好奇心が高まる中、制作陣はドハのタフさの中に隠された悲しい事情がソルにキャッチされ、微妙な感情変化が起こると言及し、さらに関心を集めた。

「マンツーマン」の制作陣は「母胎ソロだったドハがソルに違う雰囲気の感情を感じるこを感じていて、恋にもだんだん目覚めていく。少しずつ変わっていくドハの姿が、もう一つの視聴ポイントになるだろう。ドハに変身したキム・ミンジョンの繊細な演技も期待してほしい」と伝えた。

JTBCのドラマ中、歴代オープニングスコアを更新しながらスタートした「マンツーマン」は、2話連続で視聴率が4%を突破するなど、連日話題になっている。“三つの木彫像作戦”を巡って本格的に展開される第3話は、韓国で28日に放送される。