客の入りが悪い韓国の免税店=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】中国人観光客が減少した影響で3月に韓国を訪れた外国人観光客の数が前年同月比11.2%減となる123万3640人にとどまった。韓国観光公社が24日、明らかにした。

 日本や台湾、東南アジア地域からの観光客は大幅に増えたものの、中国からの観光客は前年同月比40.0%減となる36万782人だった。
 中国政府は、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対し、先月15日に自国旅行会社に韓国団体旅行商品の取り扱いを中断させた。
 日本人観光客は27万4478人で、前年同月比22.4%増加した。学生の春休みや卒業旅行シーズンなどが重なり、海外旅行需要が増加したためとみられる。
 台湾からの観光客はインセンティブ(報奨)旅行などの増加により、前年同月比28.8%増となる7万4512人を記録した。
 タイ(同12.5%)、インドネシア(同12.5%)、マレーシア(同7.5%)、シンガポール(同19.0%)からの観光客も増えた。
 韓国を訪れた外国人観光客が減少した一方で、先月海外に出かけた韓国人は前年同月比23.7%増となる194万542人を記録した。
yugiri@yna.co.kr