写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開している鉄道車両プラモデル「Bトレインショーティー」より、JR九州が運行する"音速"の名を持つアーバンライナー「883系『ソニック』」を再現した「Bトレインショーティー 883系『ソニック』」が、7月に発売されることが決定した。デザインを手掛けた水戸岡鋭治氏によるオリジナルパッケージ仕様で、価格は5,184円(税込)。

本商品は、JR九州が誇る制御振り子式車両(曲がる時にかかる遠心力を軽減し、スピードと乗り心地を両立させた車両9「883系」を、車両の長さを半分のショートサイズにした N ゲージ規格(1/150スケール、レール幅9mm)のプラモデル。1995年に特急「ソニックにちりん」用として運用を開始した本車両は、同年グッドデザイン商品に選定され、翌年にはブルーリボン賞およびブルネル賞を受賞した。

「Bトレインショーティー 883系『ソニック』」は、「ソニック」の特徴である外装のブルーメタリックを彩色済みキットで再現。接着剤不要のはめ込み式で簡単に組み立てることができる。

Illustration by Eiji Mitooka + Don Design Associates