RTR68FEa.jpg

写真拡大

英国のヘンリー王子(通称ハリー王子)が、母親であるダイアナ妃の死をきっかけに感情をすべて押し殺し、心の問題を抱えていたと告白して世界中で話題になった。ダイアナ妃の事故死からまもなく20年となる今、心の内を明かした王子の思いの背景には何があるのか。

感情を殺しボロボロな状態へ

ハリー王子が心の内を明かしたのは、デイリー・テレグラフとのインタビューだった。テレグラフの新しいポッドキャスト「マッド・ワールド」に初回ゲストとして登場した時だ。これまで英国王室のメンバーが自らの精神状態について語ることはなかったため、極めて異例のインタビューとなった。

全10回のシリーズとなる「マッド・ワールド」は、心の問題に関する経験をさまざまな人たちに話してもらい、心が病むのは至って普通である、というメッセージを発信することを目指している。

インタビューでは、12歳の時に母親を亡くした王子が、その後28歳になるまでずっと自分の感情を殺して無視してきたこと、兄のウィリアム王子など周囲の助言もあり28歳の時に精神分析医とのカウンセリングを受けたこと、その後2年にわたり心の重荷を下ろす過程でボロボロの状態が続き、30歳を過ぎてやっといい状態になったことなどを赤裸々に語っている。

ダイアナ妃(当時)、ハリー、ウィリアム両王子とチャールズ皇太子 (1995年9月) Reuter

実はこのインタビューは、単にハリー王子の心の内を明かした「特ダネ記事」というわけではなかった。ハリー王子と兄のウィリアム王子、そしてウィリアム王子の妻キャサリン妃の3人が立ち上げた慈善事業「ヘッズ・トゥゲザー」を推進する試みでもあった。

インタビュー中でも王子が説明していたが、「ヘッズ・トゥゲザー」は心の病気にまつわる「汚名」や「恥」といった偏見を取り払い、人々がもっと気軽に自分の感情について話し、相談できる環境を作ることを目的としている。

4人に1人が心の問題を抱える英国

王室が「ヘッズ・トゥゲザー」のような活動を行い、テレグラフという大手新聞社が「マッド・ワールド」のような特集を組むその背景には、心の問題を取り巻く英国の厳しい状況がある。

ガーディアンが伝えた英国国家統計局の調査によると、16〜24歳の女性の4人に1人が、不安やうつなど何らかの心の問題を抱えている。男性は6人に1人の割合だ。

松丸さとみ