チェーン居酒屋の合コンに注意!ヤリ目男のセコい手口

写真拡大

 ネット上では日々さまざまな口説きのテクニック、ナンパ術が披露されている。そして、それを実践する男性たちのなかには女性を“ヤリ目”で口説くことを楽しむ輩も……。

 そこで今回、経験人数3ケタ以上の凄腕ナンパ師5人を1週間、密着取材。彼らのテクニックからヤリ目男の特徴をあぶり出した。こんな男にはご要注意を!

◆激安居酒屋でお持ち帰りを狙う「合コン系ヤリ目男」

・ターゲット:一流OL、CA、美容師
・出没時間帯:平日の20〜24時
・出没スポット:「磯丸水産」(六本木)、「金の蔵」(秋葉原)

「合コンで一体感を重視しただけではお持ち帰りはできません。要所でナンパテクを使う必要があります」

 そう力説するのは合コンナンパ師の神谷さん(38歳)だ。

「例えばストナン(ストリートナンパ)だと絶対に振り向いてくれないような美女でも、合コンなら腰を据えて話ができる。逆に、彼女をその気にさせるナンパ力がなければ、合コンでお持ち帰りなんかできるわけないんです」

 密着初日の火曜。記者が呼ばれたのは「磯丸水産・六本木店」。相手はメガバンク勤務のOLなのに、よりによって激安居酒屋とは。女性から不満が噴出だと思い、会場を覗くと……なんと全員笑顔だ。

「カネがない女子大生なら雰囲気で押し切れるオシャレ個室居酒屋でもいい。でも、合コン慣れしている女子にはあえてのチェーン居酒屋が有効。『え!? 逆に磯丸? ウケるんだけど』という感じで盛り上がり、親しみやすさと地に足の着いた感をアピールできます」

 当初は笑わせ役に徹していた神谷さんだが、1時間後から女性の隣に座り、一対一で語り始めた。

◆お持ち帰りされる言い訳をつくる

「最初は笑わせ役だけど、途中からは聞き役に徹し、個別に話を聞き親密な関係を築こうとします。お酒もたくさん飲ませますが、これは『いつも以上に酔ったからHしたんだ』という言い訳をつくらせてあげています」

 密着2日目、この日は記者も合コンに参加。やはりお店は秋葉原の激安居酒屋。まずは自己紹介からだが、女性陣にCAがいると判明すると、神谷さんは完全にロックオン。開始1時間にもかかわらず彼女に目配せし、中抜けした。

「勤務時間が不規則なCAや美容師はめったに合コンに来られないのでヤル気満々。グダグダと終電超えを狙うのではなくすぐに狙いを定め、お持ち帰りします」

 女性の思考パターンを熟知している神谷さん。こちらの考えの一歩、二歩先をいくヤリ目男との合コンは、自ら罠にハマりにいくいようなものなのかもしれない……。合コンの席にいる男性の中で次の特徴があったら注意しよう。

●合コン系ヤリ目男の特徴●
1.指定する店がチェーン居酒屋
2.前半は盛り上げ役だが中盤からギアチェンジする
3.やたら次のお酒を勧めてくる
4.終電前に中抜けしようとする

*合コンナンパ師 神谷広之さん(仮名)
大手商社務めの傍ら、通算1000回以上の合コンとナンパに明け暮れる合コンナンパ師。仕立てのいいスーツに日焼けした、ひと目で遊び人とわかる風貌

―密着取材でわかった、ヤリ目男の最新手口【4】―