別の便へ乗せられてしまった犬、飼い主と再会(出典:http://www.cbc.ca/news)

写真拡大

カナダのアルバータ州に本部を置く航空会社「ウエストジェット航空」が、預かった犬を別のフライトに乗せてしまうという失態をおかしてしまった。カナダ『CBC News』や『thestar.com』が伝えている。

ラブラドゥードル犬の“クーパー”は4月19日の午後、予期せぬ冒険を強いられる羽目になった。ノバスコシア州ハリファックスに住む飼い主のテリー・ピットマンさんとルームメイトのチェルシー・サイモンさんはジャマイカでの結婚式を控えていたことから、留守の間はテリーさんのいとこが住むニューファンドランド島のディアレイクにクーパーを預けるため、クーパーをハリファックス空港へ連れて行った。

空港職員がきちんと手続きをしてくれると安心して任せて帰って来たテリーさんだったが、その日の夜遅くにウエストジェット航空から連絡があり「クーパーを間違った便に乗せてしまった」という連絡を受けた。

クーパーはオンタリオ州ハミルトン行きの便に乗せられたことが分かったが、テリーさんとチェルシーさんはクーパーのことが気になって仕方なかった。手違いを真摯に詫びる航空会社であったが、実は別の便にクーパーを乗せただけではなく空港で見失ってしまったのだ。

クーパーがハミルトン空港に到着した後、空港職員がトイレに連れて行こうとした時にクーパーは首輪をすり抜けて逃げてしまったという。行方不明となったクーパーを捜すために、テリーさんとチェルシーさんは悪天候の中、20日にハミルトン行きの飛行機に乗り込んだ。

姿を消したクーパーには複数の目撃者がいたそうだが、クーパーらしき犬は怯えて逃げるように走り去ってしまうため捕まえることができなかった。しかし21日の朝9時頃にクーパーを見つけた地元住民が、泥だらけで冷え切った体のクーパーをなんとか捕まえ、テリーさんらが来るまで待機していてくれたそうだ。

テリーさんのいとこであるハンス・アシュトンさんは「クーパーは雨の中一晩中さまよっていたのでしょう。ずぶ濡れで空腹状態のようでした。でもそれ以外は元気そうでテリーとチェルシーがそっと近づくと驚かずに、見慣れた飼い主の顔を思い出したようでした」と話している。

距離でいうと1900km以上も離れた場所へと旅してしまったクーパーだったが、無事に飼い主と再会できて何よりだろう。ウエストジェット航空スポークスマンのローレン・スチュワートさんは「弊社は、犬と飼い主を引き合わせることを何より最優先しておりました。今回の手違いに関しては飼い主に真摯に謝罪し、ハミルトンまでのフライトや食事も負担させて頂きました。また、クーパーが獣医にかかる必要があるならばその費用も負担させて頂きたいとお伝えしてあります」と述べた。

クーパーの行方にハラハラしながら飛行機に飛び乗ったテリーさんは「人生最悪の木曜日でした」と明かすも、行方不明になったクーパーのことを知った人々がSNSを通して協力し、捜索に立ち会ってくれたこと、また見知らぬ人からも「自分もクーパーを捜す手伝いをしたい」とメッセージをもらったことなどに感激しており「航空会社スタッフやハミルトンの地元の方々の団結力には、本当に感謝しています」と語っている。

出典:http://www.cbc.ca/news
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)