「instax SQUARE SQ10」と撮影イメージ

写真拡大

 富士フイルムは、撮った写真をその場でプリントできるインスタントカメラ「instax ”チェキ”シリーズ」の新製品として、ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」と、初のスクエアフォーマットの専用フィルム「instax SQUARE Film」を5月19日に発売する。

 「instax SQUARE SQ10」は、「チェキ」の愛称で知られるinstaxシリーズとして初めて、1920×1920ピクセルのCMOSセンサとデジタル画像処理技術を搭載。従来より写真画質を大幅に高め、プリント出力前の画像編集・加工も可能にした。自動露出調整、人物検出、オートフォーカスなどの新機能によって、暗い場所での明暗調整や逆光下、10cmまでの近距離撮影でも、イメージ通りに撮影できる。

 背面には、すべての操作結果を確認できる液晶モニタと、フィルター機能、ビネット調整機能、明るさ調整機能に対応した専用ボタンを配置。これまでと同様、シャッターを押すとプリントされる仕組みに加え、気に入った画像だけを選択してプリントすることや、トリミングしてプリントすることができる。

 記録媒体は、約50枚の写真を保存可能な内蔵メモリと、microSDHC/microSDカード。フル充電時でプリント可能枚数は約160枚。サイズは幅119×高さ127×奥行き47mm、重さは450g。価格はオープンで、税込みの実勢価格は3万1800円前後の見込み。

 同時に発売する専用フィルム「instax SQUARE Film」は、「instax SQUARE SQ10」の魅力を最大限に発揮するスクエアフォーマット。1対1のアスペクト比を活かせる構図の検討から、編集・加工機能を駆使して「作品」を作りこむ過程は、デジタルイメージング技術を取り入れたハイブリッドインスタントカメラならではの撮影体験となる。価格はオープンで、税込の実勢価格は10枚入りで1350円前後の見込み。