写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトクリエイトは4月24日、企業用Webサイトを効率的に構築・制作し、高いセキュリティ環境で運用・管理するクラウド型CMS「SiteMiraiZ(サイトミライズ)」を提供開始する。

昨今、Webサイトの脆弱性を悪用したコンテンツの改ざんが増えている。中でもオープンソースのCMS(コンテンツマネジメントシステム)、「WordPress」で構築したWebサイトへの脆弱性を突く攻撃が激増しており、多くの企業が被害に遭っている。安全なWebサイトを運用・管理するには、脆弱性に対応するセキュリティ対策を定期的に行う必要があるが、十分なセキュリティ対策を行うには、Webサイトを管理する要員の負荷が高くなり、運用コストが高くなる要因となっていた。

SiteMiraiZは、グループ会社のecbeingが開発・販売している中堅大手向けECサイト構築パッケージ「ecbeing」のノウハウから生まれたCMS。今回、同CMSをクラウドサービスのSaaSとして提供する。

要望やトレンドなどを組み込んだバージョンへ自動的にバージョンアップするため、常に最新の機能が利用できると同時にシステムの老朽化・陳腐化も防げる。

また、SiteMiraiZで構築した企業のWebサイトは、ecbeingのデータセンターにて保存する。ecbeingのデータセンターは、必要なセキュリティ対策を行うと共に、セキュリティ・サービスのラックとの業務提携により、第三者機関による定期的なセキュリティ診断を行っている。さらに24時間365日常時監視し、不正アクセスの脅威からWebサイトを守っている。これによりSiteMiraiZは、高セキュリティ環境でサイト運用を行うことが可能となる。

(山本明日美)