【ソウル聯合ニュース】韓国の主要財閥、SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長が24日、経営再建中の東芝が分社化した半導体新会社「東芝メモリ」(東京都港区)の買収に向けた方策を模索するため日本を訪問したことが分かった。最近「攻めの経営」の姿勢を打ち出しているSKグループは、東芝メモリを買収することで、グループの主力企業となったSKハイニックスのNAND型フラッシュメモリー事業を強化したい考えだ。

 崔氏は大企業グループから巨額の賄賂を受け取った収賄罪などで起訴された韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告の事件に絡み出国禁止措置が取られていたが、先ごろ解除され、初の海外出張先に日本を選択した。
 日本経済新聞によると、崔氏は東芝メモリの買収に向け、東芝の経営陣と面会しSKグループの半導体事業のビジョンを説明するようだ。
 また、東芝が半導体事業で提携する米ウエスタン・デジタル(WD)の首脳陣と接触し、提携を提案するとの見方もある。WDは東芝に独占交渉権を求めており、最近では日米連合での共同買収を検討していると報じられた。一方、SKハイニックスは米投資ファンド「ベイン・キャピタル」との連合で1回目の入札に参加したとされるが、短期の利益を追求する投資ファンドと組むことはWDとの提携には障害にならない。さらに、崔氏は日本の投資ファンドとの協力も模索するという観測がある。
 SKグループ内部の話では、崔氏は東芝メモリ買収がSKハイニックスを一気に飛躍させるチャンスとみて意気込んでいる。同氏は最近、「東芝と協業できるさまざまな方策を模索する」と発言している。また業界関係者は、東芝メモリが中国に渡った場合の打撃も深刻だと指摘する。
 SKハイニックスはDRAMでサムスン電子に次ぐ世界2位だが、NAND型フラッシュメモリーでは4〜5位にとどまる。2位の東芝の買収を逃せば、後退の恐れもある。
 買収の有力候補には、シャープを傘下に持つ台湾の鴻海精密工業、米半導体大手ブロードコムと米投資ファンドのシルバーレイク・パートナーズの連合も挙げられる。
mgk1202@yna.co.kr