写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本システムウエア(NSW)は4月24日、ひび割れ点検支援システム「Crack Mapping System」の提供を開始した。コンクリートなどのひび割れ検査作業の効率化と精度向上を支援するシステムで、同社が東京理科大学 小島研究室(理工学部土木工学科)および大和田研究室(理工学部経営工学科)と共同開発した。

同システムは、錯視を誘発する画像処理を利用したもので、8方位からのエンボス処理(画像の濃度差を利用して画像の一部を浮き出たせる処理)を施した画像を元画像に合成することで、元画像の画質を維持したままひび割れを強調して表示する。

これにより、一般的なひび割れの許容範囲といわれる0.2mm幅相当のひび割れも判読可能になり、コンクリートをはじめとした構造物のひび割れ検査に加え、製造業における品質管理や、ヘルスケア分野など幅広い分野での利用を可能としている。

主な特徴として「ひび割れを強調表示し、視認性を向上」「リアルタイムでひび割れデータの描写が可能」「使用状況に合わせたカスタマイズや専用機器への実装が可能」の3点を挙げている。

ひび割れを強調表示し、視認性の向上では、トンネル内や橋梁下など。光量の不足する環境でもひび割れを強調表示し、迅速な検査を可能としている。リアルタイムでひび割れデータの描写が可能な点については、検査現場での静止画や動画のリアルタイム検査、および保存した静止画や動画の事後の分析の双方を支援するという。

使用状況に合わせたカスタマイズや専用機器への実装が可能とすることに関しては、Windows版ソフトウェアのほか、タブレットなどモバイル端末への組込みや、高所撮影用のドローンやポールカメラへの組込みなど、使用状況に合わせたカスタマイズや専用機器に実装できる。

同システムは1セット15万円(5ライセンス分)で提供し、今後3年で300社への導入を目指す。また、今後はディープラーニングを組み合わせた、より高度なひび割れ検出の実装にも取り組んでいく方針だ。

(岩井 健太)