アルコールに溺れていた過去を告白したアン・ハサウェイ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ウィリアム王子やキャサリン妃、ヘンリー王子が、自らのメンタルヘルスについてオープンにしたことが社会的に大きな影響をもたらしているが、そんな中アン・ハサウェイが、過去のトラウマについて激白している。

【写真を見る】『Colossal』LAプレミアに、夫アダムと登場したアン/写真:SPLASH/アフロ

新作映画『Colossal』のプロモーションのため米ABCの番組に出演したアンは、同作で演じているアルコール依存症のグロリアという人物について「グロリアは、その瞬間の現実から逃げている女性だと思う。彼女にとってアルコールは、緊張状態から解放してくれるものであり、不安を和らげてくれるもの。そういう状況は過去の私と重なるところがあるの」

「アルコール依存症とまではいかなかったけれど、不健康なレベルになっていたと思う。色々な複雑な問題がありすぎて、本当に心底自分が嫌いだったから。自分の愛し方も知らなかったし、誰かを愛する方法も知らなかった。そういう感情を持ち続けていると、本当に不幸せになるわよね」と語っている。

そんなアンだが、2011年にアダム・シャルマンと結婚し、昨年ジョナサンという男の子を出産したことで、初めて美しいと呼べる人生を築きあげることができた様子。

しかしアンの激白は更なるバッシングを生んでしまったようで、「でた、お涙頂戴話」「だから?」「メンタルに問題があるのは、見ればわかる」「おのろけ?」「ほんとにナルシスト」「ヴィクトリア・ベッカムと同じで炎上商法?」「広報を変えて、PRの仕方を学ぶべき」といった厳しい声が寄せられている。【 NY在住/JUNKO】