防弾少年団、米「Shorty Award」で受賞…全世界での人気を証明(動画あり)

写真拡大

防弾少年団がグローバルソーシャルメディア授賞式「Shorty Awards」でアジアの歌手としては唯一受賞した。

防弾少年団は昨日(23日) 午後6時30分(現地時刻)、アメリカ・ニューヨークで開催された「第9回 Shorty Awards」でミュージック部門の受賞者に選定された。

特に、チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)、マック・ミラー(Mac Miller) などと共に、候補に上がった11人の世界的なアーティストの中で最終的に選定され、全世界での人気とソーシャルメディア上の影響力を証明した。

「WINGS TOUR」のスケジュールのため授賞式に出席できなかった防弾少年団は、映像で受賞の感想を伝えた。

メンバーたちは映像を通じて「アリアナ・グランデ、ティーガン&サラ、チャンス・ザ・ラッパーなどのアーティストと共にノミネートされただけでも本当に素晴らしいことだ。ソーシャルメディアと『WINGS TOUR』で、たくさんの声援を送ってくださる全世界のA.R.M.Y(ファンクラブ名) に本当に感謝する」とし、ファンに感謝を伝えた。

「Shorty Awards」はFacebook、Twitter、YouTube、Instagramなどのソーシャルメディアで、一番際立つ活躍を披露した個人と機関などを専門家たちが評価し、インターネット投票を通じて選定する権威ある授賞式で、9年間アメリカ・ニューヨークで開催されている。

防弾少年団は先日(22日) タイ・バンコクを皮切りに「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR」アジア地域のコンサートを続けていく。