夏川りみが、初のシンガポール コンサートを開催し、約1,500人の観客をその歌声で魅了した。

 夏川りみは、これまでアジア各国でコンサートを重ねてきたが、シンガポールでのコンサートは今回が初めて。公演前から現地メディアで取り上げられるなど、現地で大きな話題となり、マレーシアやタイなど東南アジア諸国からも現地ファンが駆けつけた。

 今回のコンサートは、夏川りみ、ピアノ、中国古筝という3人編成で演奏。「涙そうそう」「童神〜ヤマトグチ〜」などのヒット曲に加え、シンガポールで人気の高い日本の楽曲「島唄」、「花」、「未来へ」を披露。そしてテレサ・テンのカバー「時の流れに身をまかせ」では1番を日本語、2番以降を中国語でサプライズ歌唱し、観客を大いに盛り上げた。また、「月亮代表我的心」や「千裡之外」などの中国語の楽曲も、この公演のために特別にカバー、観客も一緒に歌うシーンも見られた。

 さらに、このコンサートに先駆け2017年1月に台湾版をリリースした、5年ぶりの新曲「あしたの子守唄」(作詞作曲:宮沢和史(元THE BOOM))を海外で初披露。今回の公演を終え、夏川は「はじめてのシンガポールでのコンサートに、たくさんのお客様にお越し頂き、すごく盛り上がって頂いて、とても嬉しく幸せな時間でした。またシンガポールで1人でも多くの方に、生の歌声を届けられるように、がんばって歌い続けていきたいと思います」とコメント。「日本そして沖縄の素晴らしい楽曲を皆さんに感じてもらいたい」という思いが十分に伝わった一夜となった。

◎公演概要【夏川りみ シンガポールコンサートBest of Rimi Natsukawa Live in Singapore】
2017年4月22日(土)
The Star Theatre, The Star Performing Arts Centre
START 20:00