【深ヨミ】NGT48『青春時計』売上げ動向、新潟・東京に続くのは?

写真拡大

 4月24日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、NGT48『青春時計』が206,678枚で首位獲得。華々しいメジャーデビューを飾った。

 NGT48は、AKB48グループ国内5組目の姉妹グループとして2015年に結成された、新潟に拠点を置くグループ。新潟市内の専用劇場で活動を続け、2017年4月12日に本作でメジャーデビュー。他のAKBグループ同様、高いCDセールス力を発揮して、リリース初週に20万枚越えでチャートを制した。

 既に報じたとおり県別のシングル・セールスでは新潟県が1位となり、地域密着を掲げるグループの活動が実を結んだ結果だ。今回は、その他の順位をSoundScan Japanのセールスデータから抽出。トップ10は下記となった。
1位:新潟
2位:東京
3位:大阪
4位:愛知
5位:神奈川
6位:埼玉
7位:千葉
8位:北海道
9位:静岡
10位:茨城
 新潟は東京のおよそ2倍の数字での1位に。2位東京のおよそ半分の数字で大阪と愛知という大都市を抱える地域が上位に入ったがそれ以外での地域の売上げがそれほど伸びていない。今後、先輩グループのセールスに並ぶためには、大都市圏以外での売上げが鍵になるだろう。これからの動向にも注目したい。