「(埼玉スタジアムでは)いつもこんなにたくさんの人が応援してくれる。レッズにいたときは当たり前だと思っていたけど、それが当たり前じゃないと気づいて、今は羨ましさもある。

 一方で、コンサドーレのサポーターもたくさん来てくれたので、(彼らに対して)似たような気持ちもある。今日は試合に負けてすごく悔しかったけど、素晴らしい環境でサッカーができたことは本当に嬉しかったです」


J1第8節の浦和戦で途中出場した、札幌の小野伸二 北海道コンサドーレ札幌の小野伸二は浦和レッズとの試合後、そう言ってファンとピッチに感謝した。プロキャリアを歩み始めた古巣の本拠地には、清水エスパルス時代の2011年6月以来の帰還となった。

 日本サッカー界の比類なき「天才」が、かつてのホームでどんなプレーを見せてくれるのか。両チームのサポーターだけでなく、多くのサッカーファンがその勇姿を心待ちにしていた。しかしベンチスタートの背番号44に声がかかったのは、2点ビハインドの終盤の79分。ボールを触ってリズムを作る小野が、彼らしいプレーを披露するにはちょっと短すぎた。

「もう少し長くピッチに立てればよかったけど、チームの戦術もあるので」

 試合後の取材エリアで多くの記者に囲まれた小野は、まずはそう言って、正直な気持ちとベテランらしい理解の両方を示した。でも旧知の地元記者たちとの話が進むうちに、「もっと長くできたら、本当はもっとね、よかったと思うんですけど」と率直な胸のうちを垣間見せた。

 そして、どんなプレーで難局を打開しようとしたのかと問われると、「2点差だったので、とにかく1点取らないといけない。だからどんな形であれ、点を取れるようにと。後半になってスペースも空いていたので、間でボールを受けて、フォワードを活かしたり、サイドに広げたり、まあ色々やりたいなとは思っていましたけど、時間が時間だったから、なんにもできなくて」と最後は苦笑い。甘い笑顔に悔しさを封印したが、その気持ちは十分に理解できるものだった。

 首位・浦和とのアウェー戦に臨む札幌の状態は、万全からはほど遠いものだった。ジュリーニョ、ヘイス、金園英学といったアタッカーの多くが負傷で離脱しており、エースの都倉賢の相棒を誰が務めるのかが焦点のひとつになっていた。

 前節は内村圭宏が先発したが、負傷により途中交代。しつこい股関節痛を克服し、5節と7節に途中出場した小野がスタートから都倉と前線を組んでも不思議ではなかった。なにしろ、およそ6年ぶりの古巣への凱旋でもあったのだから。

 だが、四方田修平監督は「浦和のサイドチェンジに対応するため」に、5バックと4人の中盤を選択し、1トップに都倉を配した。現在のJリーグでひときわ高い得点力を誇る浦和を相手に、人数をかけて引いて守るやり方は理にかなった対抗策と言える。右サイドハーフを任された18歳の菅大輝は攻守にハードワークし、先制点を奪われた後には兵藤慎剛の同点ゴールをヘディングでアシスト。札幌の指揮官のアプローチは手堅いものではあったが、ここまでは策の奏功を印象づけた。

 しかしその6分後に関根貴大に勝ち越しゴールを奪われ、リードされてハーフタイムに突入した時、スタジアムに詰めかけた3万6000人を超えるファンの多くは、後半開始からあの天性のボールタッチや柔らかいフィードが見られるのではないかと期待していたはずだ。

 けれどもハーフタイムの交代はなく、浦和がゲームを支配する展開のまま時間が過ぎていく。残り20分を切り、実利的にも小野をそろそろ出すべきだと思い始めた頃、興梠慎三にPKを決められてリードを広げられてしまった。

 その5分後にようやく投入されると、小野は右サイドでボールを受けて中央にパスを出し、それを受けようとした菅が倒されてFKを獲得。ゴールまで30メートル以上はありそうなやや遠目の位置だったが、小野は福森晃斗と共にキックを打つ構えを見せた。結局、FKは「札幌のシニシャ・ミハイロビッチ」こと福森に任せ、背番号24の左足から放たれたシュートは鋭く曲がって、日本代表GK西川周作の手をかすめてネットを揺らした。

 しかしそれ以上の反撃の時間はなく、札幌は2-3で敗れた。これで今季のアウェー戦は4戦全敗。首位の本拠地でなんとか接戦に持ち込み、かすかな勝機を見出そうとした指揮官のプランも納得できないものではない。「前半は消極的だったのが残念」と試合後に敗軍の将は語り、後半に巻き返せたことを強調した。

 ただ「消極的」だったというのは、試合へのアプローチそのものにも当てはまるのではないだろうか。前線に負傷者が続出するなか、アジア屈指の技術と経験を持つ「万全の状態」の選手を先発させる手は考えられなかったか。まして、小野はボールにたくさん触れてテンポを生み出していくタイプの選手だ。ジョーカー的に使うのは、スピードや勢いのある選手でもいい気がする。

 理屈で考えれば、強敵に対する5-4-1の籠城作戦も、そのために走れる若手を起用する意味もわかる。ただこのスポーツには様々な側面があり、チェスのような理詰めの攻防がある一方で、特別な才能を有する稀有なアーティストのひらめきやスキルが勝負を分けることもある。そして多くのファンは、後者を期待している。

 残留を目標とするチームが難しい選択を迫られることも十分に理解している。それでもいつか小野がたっぷりと出場時間を与えられ、「(時間がなくて)なんにもできなかった」なんて振り返らないような試合が訪れることを願う。

■Jリーグ 記事一覧>>