マイケル・キートン 写真:Splash/アフロ

写真拡大

 往年の名作ディズニーアニメをティム・バートン監督が実写映画化する「ダンボ」に、マイケル・キートンが出演交渉中であると米メディアが報じた。

オリジナル版は、大きな耳をバカにされたり、母親と引き離されたりと悲しい思いをしているサーカスの子象・ダンボが、友だちのねずみティモシーの助けを借りながら人気者になり、母親と再会を果たすさまを描いた。バートン監督版は実写とアニメを融合させたものになる予定だ。

米ハリウッドレポーターによれば、物語の詳細は明らかにされていないものの、キートンは象を悪用するためにサーカスを買収する悪役で交渉中だという。キートンとバートン監督は、「ビートルジュース」(1988)、「バットマン リターンズ」(92)でタッグを組み、ともにブレイクを果たした。交渉が成立すれば3度目のコラボレーションとなる。

同作には、コリン・ファレル、エバ・グリーン、「バットマン リターンズ」でペンギンことオズワルド・コブルポットを演じたダニー・デビートらが出演交渉に入っている。