Foxconnから流出したとされる設計図を元に作られた、次世代iPhone(iPhone 8)のダミーモデルの写真がTwitterで公開されています。ディスプレイはフチからフチまでいっぱいに広がった極細ベゼルで、ホームボタンもないデザインになっています。

iPhone 8 dummy model surfaces with edge-to-edge display, no rear Touch ID, elongated power button | 9to5Mac

https://9to5mac.com/2017/04/23/iphone-8-dummy-model-surfaces-with-edge-to-edge-display-no-rear-touch-id/

iPhone 8のダミーモデルを入手したのはウワサに基づいてリアルなレンダリングを行うデザイナーのBenjamin Geskin(@VenyaGeskin1)さん。手にしているのはFoxconnから入手したという設計図から作られたiPhone 8のCNCモデル(2次元を3次元に直接変換したもの)とのこと。ダミーモデルのiPhone 8はディスプレイにフチがなく、ベゼルはほとんどないように見えます。物理的なホームボタンもなくなっており、Touch IDなどのセンサーは、ディスプレイの下に埋め込まれることになるようです。曲面加工の金属エッジや、側面のボタン類の配置はiPhone 7と同じの模様。背面は2.5Dガラス仕上げになっており、デュアルカメラシステムを搭載しています。





これは単なるダミーモデルなので、電源を入れることはできないのですが、ディスプレイ上に画面をはめ込んだイメージもツイートされています。フチいっぱいまで画面が表示され、画面の下にはTouch IDのアイコンが表示されているのがわかります。





なお、ベゼルはほとんどないように見えますが、設計図によるとディスプレイの四方に4mmずつの細いベゼルがあるようです。