北朝鮮の平壌を訪問していた韓国系米国人が21日、北朝鮮当局に拘束された。韓国の聯合ニュースが消息筋の話として伝えた。

拘束されたのは中国の延辺科学技術大の元教授で、北朝鮮に対する支援活動に携わっており、正規の許可を得て滞在していたもようだ。平壌国際空港で出国手続き中に拘束されたとされるが、具体的な理由は明らかになっていない。

北朝鮮では現在、韓国系米国人のキム・ドンチョル氏と米国人大学生のオットー・ワームビア氏の2人が長期の拘禁刑を言い渡されて拘束されている。