かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能

クルマでモテる、などというのは、はるか昔の話であることは百も承知ではあるが、それでもやはりくたびれたポンコツよりも、見栄えのいいクルマに乗っていたほうが評判がいいというのはあながち間違いではないだろう。

そこで今回は100万円の予算で狙えるけどそこそこ見栄がはれるユーズドカーをピックアップしてみた。あまり目くじらを立てずに軽い気持ちで読んでいただければ幸いである。

BMW・3シリーズセダン
(E90系 2005〜2012年)

クルマにそれほど詳しくない人でも、一目で分かるアイデンティティのキドニーグリルを持つBMW。すでに新型が登場して久しいが、先代のE90系のサイズ感が良いと今でも愛用しているユーザーも多い名車だ。

FRレイアウトのスポーツセダンとしても評価が高く、シルキーシックスと評される6気筒エンジン搭載グレードはもちろんだが、4気筒エンジンを搭載するグレードも鼻先の軽さが功を奏して軽快なハンドリングを楽しむことができる。 

100万円の予算だと前期型が中心となるが、根気よく探せば2008年以降の後期モデルも探すことができそうだ。このあたりの年式の車両はヘッドライトが黄ばんでくることが多いが、そのままだといくらボディがピカピカでもみすぼらしく見えてしまうので、ここはしっかり磨くか交換をしておきたいポイントだ。

▲瓮襯札妊后Ε戰鵐帖Cクラスステーションワゴン
(S204系 2008〜2014年)

BMWと並んで認知率が高い輸入車と言えばメルセデスベンツだろう。フロントに鎮座するスリーポインテッドスターは免許を持たない田舎のおばあちゃんですら知っているほどだ。そんなメルセデスベンツも100万円の予算で狙えてしまう。もちろん、古ぼけたモデルではなく先代モデルのCクラスだ。そこで狙いたいのは、セダンではなくステーションワゴンモデル。

セダンだとやや年配の雰囲気が漂うが、ワゴンをチョイスすることでアクティブな人間であることをアピールできてしまう。もちろん大容量のラゲッジスペースは趣味にも実用にも役に立つこと請け合いだ。

少しツウな雰囲気を出すならイタリア&イギリス車

アルファロメオ・GTV
(916系 1996〜2006年)

やはり輸入車と言えばイタリアのクルマを外すことはできないだろう。イタリアの赤いスポーツカーと言えば、こちらもやはり子供からお年寄りまで知っている「跳ね馬」が頭に浮かぶはずだ。しかし、さすがに100万円の予算で買える個体はほぼ皆無。

ということで、もう一つの赤がイメージカラーのイタリア車の出番。そう、アルファロメオだ。

特に今回紹介するGTVはピニンファリーナに在籍していたエンリコ・フミアがデザインしたアグレッシブなキャラクターラインが最大の特徴。また、病みつきになる人続出のアルファ特有の乾いたエンジンサウンドも魅力的だ。

100万円の予算なら、2リッターモデルだけでなく、V6の3リッターモデルも狙うことができるのも嬉しいポイントだ。

ぅ薀鵐疋蹇璽弌次Ε譽鵐献蹇璽弌
(2代目 1995〜2002年)

ここでやはり世界的に人気となっているSUVを押さえておきたいところ。ということでチョイスしたのが2代目レンジローバー。明石家さんま氏の愛車としても知られたこの車両、とある番組で毎回ビートたけし氏の運転でガンガンぶつけられるシーンを覚えている人も多いのではないだろうか?

本格的なSUVであるにもかかわらず、プレミアムカーとしてのキャラクターも持ち合わせており、国内外の多くのセレブリティに愛されたレンジローバーは「砂漠のロールスロイス」という異名を持つほどだ。

そんなレンジローバーも2代目モデルとなると60万円台から見つけることができてしまうのだ。ちなみに新車時の価格はおよそ600万円弱だからお買い得感はハンパない。

いかがだろうか? 今回取り上げた車種はどれも乗り出し価格を中心に算出しており、維持費などは考慮していない。そのため、トラブルで大きな出費が必要となる可能性もあるが、それを鑑みても魅力的なモデルたちが安価で手に入れることができるのは喜ばしいことだろう。