24日、日本の“ポテチショック”が中国でも話題となっている。資料写真。

写真拡大

2017年4月24日、日本の“ポテチショック”が中国でも話題となっている。ポテトチップスの原料であるジャガイモの国内調達の大部分を占める北海道で、昨年の台風被害により収穫量が減少。この影響でカルビーと湖池屋が一部のポテトチップスの販売休止と終了を相次いで発表した。

日本では買い占めやネットでの高額転売など“ポテチショック”が起き、近年日本のお菓子が人気を集めている中国でも多くの反応が寄せられている。

中国では「中国からジャガイモを輸入すれば解決できると思うが、日本人は反対するだろうな」「ビジネスチャンス!日本に行ってポテチを売ろう!」と中国と関連させて発言する人がいる一方、日本のポテチが好きな中国ネットユーザーからは、「中国にも影響あるのかな?。日本のポテチが好きだからなくなると困る」「ストックしていたカルビーのポテチを同僚にあげなくて良かった」「ジャガイモを栽培する考えすら湧いた」と日本同様困惑する声が聞かれた。

さらに、日本在住と思われる中国ネットユーザーからは、「もっと早くに知っていれば買いだめしていたのに」「なくなることに心を痛めながらポテチをかみしめている」「私は何てもったいないことをしたんだ!数日前にピザ風味のポテチを食べたばかりで、ニュースに気が付いてからスーパーに行ったがすでに品切れだった。買いだめしておけばよかった」といった声が寄せられている。中国のも日本のポテチに似た商品が数多く存在するが、日本のポテチが好きな人も多く、今回の“ポテチショック”を受け悲痛な声が数多く聞かれた。(翻訳・編集/内山)