【詳細】他の写真はこちら

「コレってどうなの?」がわかる。気になるデジタルグッズの深堀りレビュー。今回は、オムロンの上腕式血圧計『HEM-7600T』を使い倒します!

オムロン

上腕式血圧計 HEM-7600T

実勢価格:2万1470円



For carrying

【基本スペック】

W120×H85×D20mm 本体質量:約240 g 電源:単4形アルカリ電池×4 付属品:お試し用電池、収納ソフトケース

『HEM-7600T』ってどんな血圧計?

カフと血圧計本体が一体化した親切設計が魅力!



『HEM-7600T』最大の特徴は、二の腕にカフ(圧迫ベルト)を巻き付ける上腕式ながら、カフと血圧計本体が一体型である点だ。

これまでの上腕式血圧計は、腕に巻き付けるカフと、血圧を計測する本体がチューブで繋がる“チューブ式”を採用していた。このタイプの血圧計は、カフと本体が2つのパーツに分かれているので、持ち運びや収納する際にひと手間が必要。しかも、使用時には、机の上に本体を置くスペースを確保する必要もあった。しかし、『HEM-7600T』では本体とカフを一体化することにより、これらの問題をすべて解決している。



従来のチューブ式上腕式血圧計

本体の操作ボタンは、血圧測定用の「START/STOP」ボタンと「通信」ボタンだけと非常にシンプル。このほか、視認性の良い有機ELディスプレイを搭載しており、計測結果や測定時のエラーを大きく見やすい文字で表示してくれる。

さらに、本体にはBluetoothによる通信機能を搭載。血圧測定後に、測定結果を自動的にスマートフォンの専用アプリへ転送してくれるのだ。

【バッテリーには乾電池を採用】



▲単4形アルカリ乾電池4本で約300回の測定が可能。外出時でも補給しやすい反面、充電式と違って電池を入れ替えたり、捨てたりする手間が発生するデメリットも。

【Bluetoothでスマートフォンと連携】



▲測定した数値をBluetooth接続でスマートフォンに自動転送。過去100回分の測定結果をスマートフォンで管理することができる。

『HEM-7600T』の装着しやすさをチェック



【片手で素早く装着できる独自のカフ形状】



▲バネのようなしなやかな素材の3D形状カフ。手で伸ばしても腕を入れるための「輪っか」形状を保持するので、腕への装着が非常に簡単だ。



▲腕をカフに通し、面ファスナーで固定するだけ。一般的な血圧計のように、柔らかな布状カフを押さえ付ける必要がなく、片手で簡単に装着できる。

『HEM-7600T』の使い勝手をチェック



【「正しい測定」が確認できる液晶画面】



▲カフが適切な強さで巻かれていれば液晶画面に「OK」と表示される。ゆるい場合は、カフアイコンの横に矢印マークを表示。カフの装着不備による測定失敗を防いでくれる。



▲カフの強さが適切ではなかったり、測定中に動いたり、姿勢が悪かったりした場合にも液晶画面にエラーを表示。再測定が必要な理由がわかりやすい。

『HEM-7600T』のスマホ連携をチェック



【血圧データの推移をわかりやすくグラフ表示】



▲「START/STOP」ボタンを押すだけで、血圧測定を開始。測定後は、液晶画面に「最高血圧/最低血圧」と「脈拍」の測定結果を交互に表示する。



▲専用アプリ「OMRON connect」をインストールしたスマホへ測定データを自動で転送。血圧計の通信ボタン(⇔)を押すことで後からデータ転送をすることもできる。



▲『OMRON connect』では、最後に計測した血圧データを表示するほか、過去の血圧測定結果の推移もグラフ表示できる。グラフは週ごと、月ごとに切り替え可能だ。

使い倒しインプレッション

上腕式と手首式の“良いとこ取り”をした血圧計



現在、主流の家庭用血圧計には“上腕式”と“手首式”がある。上腕式はカフを二の腕に装着し、手首式は手首に装着するのが最大の違い。そしてもう一つの違いが、前述したチューブの有無だ。手首式は一体型が主流で、コンパクトで手軽に持ち運びできるために人気がある。

しかし、一般的に正確な血圧を測定しやすいと言われるのは上腕式。なぜなら、血圧を正確に測るには、カフを心臓の高さに保持する必要があるからだ。カフが心臓よりも低いと血圧は高く測定されやすく、高い位置ならば血圧が実際よりも低く計測されやすい。カフの位置を固定しにくい手首式は、姿勢によって血圧の計測結果が本来より上下しやすいという弱点があるのだ。そのため、今までは「正確性重視なら上腕式、手軽さ重視なら手首式」を選ぶユーザーが多かった。一方、『HEM-7600T』は正確な測定ができる上腕式ながら、チューブのない一体型。まさに両タイプの“良いとこ取り”をした画期的な製品だ。

血圧計は毎日使うため、本製品の使い勝手の良さも魅力的だ。例えば、腕に装着するカフは一般的な柔らかな布状ではなく、立体構造。このため、腕をカフに通せば素早く固定できるうえ、正しい位置に固定しやすい。さらに、通常のカフは腕を圧迫するエリアのみ空気袋が内蔵されていることが多いが、本製品はカフ全体360度に空気袋を配置。このため、少しくらいカフの位置がズレても正確に血圧が計測できる。

また、操作も非常にシンプル。ユーザーはただ「START/STOP」を押すだけだ。測定後は自動的にスマートフォンにデータを転送するため、使用中に操作に迷うことはない。しかも、カフが正しく巻けたか確認できる機能や、体動による測定ミスを表示する機能など、血圧計に不慣れでも安心して使える。

ただ、気になった点もある。ひとつが、本製品が一人用であること。せっかく家庭に血圧計があっても、夫婦や家族間で共用できないのは残念なポイントだ。もうひとつが、電源が乾電池式であること。本製品は単4形乾電池4本で約300回動作するため、朝晩使用しても半年ほどは使用できる。とはいえ、定期的に電池を入れ替えたり、捨てたりするのは、充電するより面倒だと感じた。



▲血圧測定時の姿勢も重要。手のひらを上にむけ、椅子に腰かけた状態でカフの位置が胸と同じ高さになるように座る。

結論

【ここが○】

・カフの装着が簡単で測定エラーが起きにくい。

・スマホに計測データを転送 血圧値の推移がひと目でわかる。

・エラー表示が豊富測定失敗しても理由がわかりやすい。

【ここが×】

・ユーザーメモリ機能がなく使用者がひとりに限定される。

ストレスがないから続けやすいデザインの秀逸さにも注目



一体式ならではの収納性や持ち運びのしやすさ。独自の立体構造カフによる装着のしやすさ。豊富なエラー表示による「測定ミス」の理由の分かりやすさなど、血圧計を使う際のストレスが非常に少ない製品。シンプルながら、デザイン性が高い点も、毎日使う製品だけにうれしい。



【SPEC】

対象腕周:22〜42cm 測定データ:血圧、脈拍 スマートフォン対応:Bluetooth通信機能搭載 対応OS:iOS(8.2以降)、Android(4.4以降)

文/倉本春 製品撮影/ 下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2017年5月号より抜粋

関連サイト



『HEM-7600T』製品紹介ページ

オムロン公式サイト

関連記事



オムロンの卓球ロボットは愛ちゃん…じゃなくてAIちゃん制御です【動画】

なぜオムロンの音波式電動歯ブラシは11°傾く独自ヘッドを採用したのか?

これは最強のオフィス用歯ブラシだ! オムロンのUSB充電対応歯ブラシが手放せない