スケッチブックのように使える、持ち歩きやすいサイズ感

写真拡大

パソコンショップ「ドスパラ」を運営するサードウェーブデジノス(東京都千代田区)は、8.0型タブレット「raytrektab(レイトレックタブ) DG-D08IWP」を2017年春に発売する。OSに「Windows 10 Home」をプレインストールするほか、ワコムの「Wacom feel IT technologies」を搭載した筆圧感知ペンが付属。

好みに合わせて選べる3種の芯が付属

「Wacom feel IT technologies」を搭載した筆圧感知ペンは、4096階調の精細な筆圧検知とレスポンスのよさで、まるで本物の紙に描いているようになめらかな描き心地を実現したという。

標準の芯のほか、マーカーのような描き心地のフェルト芯、紙に描く感覚により近い粘り気のある描き心地のエラストマー芯、計3種類を用意。

ペンや指によるタッチ操作、Bluetoothキーボード/マウスによる操作など、アプリケーションの種類によって使い分け、様々な用途に使用できる。

主な仕様は、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB eMMC。microSD/SDXCメモリーカードスロット、約200万画素メイン/サブカメラを搭載。IEEE802.11 ac/a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。インターフェイスはmicroUSB×1、microHDMI×1、ヘッドホン出力×1。

販売価格は4万9800円(税込)。