スペイン・バルセロナで、それぞれ本とバラを持って自撮りするカップル(2017年4月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スペイン北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州のバルセロナ(Barcelona)は23日、守護聖人サン・ジョルディ(Sant Jordi)に由来する祝日を迎え、街は赤いバラと本であふれた。

 カタルーニャ地方では毎年4月23日を「サン・ジョルディの日」とし、人々がバラや本を贈り合う伝統がある。

 昔は男性が愛する女性にバラを贈り、女性がお返しに本を贈る風習だった。だが今では、女性も本をもらい、バラは母親や娘、友人、そして同僚にもプレゼントされるようになっている。
【翻訳編集】AFPBB News