写真提供:マイナビニュース

写真拡大

春の23時台新番組の初回視聴率が出そろい、トップは9.5%をマークしたテレビ朝日『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水曜23:15〜)となった。

○2017春の23時台新番組 初回視聴率ランキング

『マツコ&有吉 かりそめ天国』は、同時間帯で放送されてきた『マツコ&有吉の怒り新党』をリニューアルし、「怒り」に限らず、視聴者からのさまざまな「ちょっと聞いてよ」という話を受けて、トークを繰り広げていくもの。

好調だった『怒り新党』のファンを引き継いで好視聴率を維持しており、4月19日の放送では9.7%に上昇した。

2位は、剛力彩芽主演のドラマ『女囚セブン』(毎週金曜23:15〜)で、7.5%。剛力が同枠で主演を務めるのは、昨年7月クールに放送された『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』以来だが、こちらの初回視聴率は7.2%で、それと比較すると今作は微増となっている。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。