実写『銀魂』期待高まる!ついに本編が完成 予告映像も解禁に

写真拡大

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』(7月14日公開)の本編がついに完成。さらにこの度、WEB版の予告と本ポスターが解禁となった。

本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。

今回解禁となったWEB版予告は、宇宙船が飛び交い、高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の映像からスタート。新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、銀時と新八の出会いが映し出され、続々と、これまで明らかにされなかった各キャラクターの動画が短く挿入されている。さらには、銀時と薄赤く光る刀を手にした男が月に照らされる中、激しく剣を交える迫力あるアクションシーン、最後には新八と武市変平太(佐藤二朗)の激しい戦い(?)もコミカルに描かれている。

また、同時に解禁となった本ポスターは、凛々しい出で立ちの銀時を中心に、万事屋メンバーの新八と神楽を始め、新八の姉・妙(長澤まさみ)、攘夷浪士の桂小太郎(岡田将生)と桂のペット・謎の地球外生物のエリザベス、真選組の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)・沖田総悟(吉沢亮)や、“攘夷過激派武装集団・鬼兵隊”のメンバーである岡田似蔵(新井浩文)・武市・来島また子(菜々緒)ら、そして物語の鍵を握る刀鍛冶屋の鉄矢(安田顕)・鉄子(早見あかり)の村田兄妹に、銀時が頼りにするからくり堂の店主・源外(ムロツヨシ)らがそれぞれキメ顔でそろい踏み。背景には江戸の町を覆う高層ビル群と飛び交う宇宙船が描かれた“SF×時代劇”の世界観が表現されている。