写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「Tango」とは?
エイスースが4月13日に発表した新しいスマートフォン「ZenFone AR」は、最近話題となっているグーグルの拡張現実(AR)技術「Tango」と、仮想現実(VR)プラットフォーム「Daydream」の2つに対応しているのが大きな特徴となっている。エイスースはこうしたスマートフォンを投入することで、立ち上がって間もないAR・VRの市場を活性化できるのだろうか。

○実空間を正確に捉えるAR技術「Tango」に対応

「ZenFone」シリーズで人気を獲得し、SIMフリースマートフォンで大手の一角を示す台湾のエイスース。そのASUSが4月13日に、新機種「ZenFone AR」を発表した。

ZenFone ARは高い性能を備えるハイエンドモデルのスマートフォンだが、最大の特徴は「Tango」と「Daydream」に対応していること。これらはいずれも、グーグルが提供するスマートフォン向けの最新技術だ。

中でも、ZenFone ARがその特徴として強く打ち出しているのがTangoである。Tangoは、3つのカメラを用いて空間を正しく認識することにより、従来よりも高度なAR(拡張現実)を実現するというものだ。

実際ZenFone ARには、2300万画素の通常のカメラに加え、動きを検知するモーショントラッキングカメラ、そして物体の深度を測るカメラを搭載した「ASUS TriCam System」を採用。さらに赤外線を照射することで周囲の環境を測り、より正確に空間と物体を認識してCGによるオブジェクトなどを表示できるようになる。

ARといえば昨年ヒットしたスマートフォンゲーム「ポケモンGO」で注目を集めた技術だが、ポケモンGOの動作を見ても分かる通り、通常のスマートフォンでARを実現しようとすると周囲の物体の位置関係などを認識するのが難しく、遠くにいるはずのモンスターが目の前にある電柱よりも手前に表示されてしまうなど、どうしても違和感が出てしまう。

だがTangoを用いれば、物体の前後関係や距離なども認識できることから、設置したCGのオブジェクトが壁を突き抜けたり、前後関係を無視して表示されたりすることもなく、より違和感のないARを実現できるわけだ。

Tangoは既にレノボのスマートフォン「Phab2 Pro」に搭載されており、ZenFone ARは国内で2機種目のTango対応機種となる。対応機種の増加はARの市場拡大にもつながるだけに、注目度が高いのは確かだろう。

●MR実現の期待は?
○「Daydream」対応も実現、MRの可能性は?

そしてもう1つ、グーグルの最新技術としてZenFone ARに搭載されているのが「Daydream」である。これはAndroid 7.0の新機能で、スマートフォンをゴーグルに装着することで、本格的なVR(仮想現実)コンテンツが利用できるというものだ。国内で発売済みのモデルでいうと、モトローラの「Moto Z」やZTEの「AXON 7」などが、既にDaydream対応をうたっている。

快適なVRの実現には高いハード性能が要求されるため、DaydreamはAndroid 7.0対応端末の中でも、一定のスペック条件を満たしたもののみが対応できる。

それだけにZenFone ARの性能は非常に高く、チップセットにはクアルコム製のハイエンドモデル向け「Snapdragon 821」を採用するほか、スマートフォンでは初だという8GBのメモリも搭載(ZS571KL-BK128S8のみ)。さらにVRを快適に視聴できるよう、WQHD(2560×1440ピクセル)という高い解像度を誇る、5.7インチの有機ELディスプレイも備えている。

しかしながらグーグルは、まだ日本でDaydreamの提供を開始していない。そのためZenFone ARも発売当初からDaydreamのコンテンツを利用できるわけではないとのこと。当面は汎用のVRコンテンツなどを利用する形となるようで、VRの本領を発揮するにはやや時間がかかるようだ。そうした影響もあってか、ZenFone ARはパッケージがゴーグルになる仕組みこそ用意されているものの、専用のゴーグルなどの提供予定はまだないとのことである。

ZenFone VRにVRとARの機能が同時に搭載されているとなると、現実の空間に仮想の物体があたかも存在しているかのような体験ができる、MR(Mixed Reality、複合現実)が実現できるのではないかという期待を持つ人もいるかもしれない。MRの分野ではマイクロソフトのヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」が先行しており、既に建設や医療など、法人向けでの活用が進められている。

だが現在のところ、TangoとDaydreamはあくまで別々に動作する仕組みであることから、ZenFone ARでMRがすぐ実現できるわけではないようだ。とはいえ、これだけ高い性能を持ち、ARとVRの機能を同時に兼ね備えた端末が出てきたとなると、スマートフォンによるMRの実現もそう遠くないように感じる。さまざまな条件がそろう必要があるので今すぐにというわけにはいかないだろうが、将来的なMRの実現にも期待したいところだ。

●AR・VRを広めるか
○コンテンツが少ない今は法人向けの販売拡大に注力

ARとVRの機能を兼ね備えた先進性が大きな特徴となっているZenFone ARだが、性能が高いだけに価格も決して安くはない。8GBのメモリと128GBのストレージを備えた上位モデル「ZS571KL-BK128S8」の価格は99,800円、6GBのメモリと64GBのストレージを備えた「ZS571KL-BK64S6」は82,800円となっている。

ちなみにZenFone ARに匹敵する高い性能を備える「ZenFone 3 Deluxe」の5.7インチモデルの価格を見ると、89,800円となっていることから、性能を考えれば価格相応ではある。とはいえ、一般ユーザーが手軽に購入できる価格ではないこともまた事実だろう。

しかもARに関しては、Tangoのコンテンツが30種類程度とまだ充実しているとは言い難く、ARに対する興味関心がよほど高いのでなければ、物珍しさだけですぐ関心が薄れてしまう可能性がある。またVRに関しては、先に触れた通りDaydream自体日本で利用できないことから、その本領を発揮できないという弱点もある。現状、一般ユーザーが満足できる環境を実現できるわけではないことも確かだ。

もちろん、そうした現状をエイスース側も十分承知しているようで、ZenFone ARは一般消費者だけでなく、法人向けにも積極販売する方針を示している。例えば家具やインテリアを扱う企業などであれば、実際の部屋にバーチャルな家具を配置して見せるなどしてARの強みを生かせることから、法人向けのアプリを開発するベンダーなどと組むことによって、インテリア販売事業者などにZenFone ARの販売拡大を進めたい考えが、エイスース側にはあるようだ。

ARのような新しい技術や概念を手掛けるには、端末がそろわなければコンテンツが広まらない、コンテンツがなければ端末が売れない……という「鶏が先か、卵が先か」の議論になりがちだ。それゆえ対応する端末を販売するには、相応のリスクがある。エイスースはそうしたリスクを、法人向けという安定した販路開拓を進めることで和らげることにより、新しい分野へのチャレンジを進めたといえそうだ。

だがARやVRを普及させるには、端末だけでなくキラーとなるコンテンツの登場が求められるだろうし、そうでなければかつてのAR・VRのように、一過性のブームで終わってしまう可能性もある。エイスースが本気でこの市場に取り組んでいくならば、アプリ開発者の関心を高め、盛り上げていくためのための取り組みも同時に求められるところだ。

(佐野正弘)