コーヒーが大好きでコーヒー豆を購入し、自分で豆を挽いてコーヒーを淹れているというあなた。コーヒー豆から淹れるコーヒーはさぞ香り豊かで美味であることだと思います。とはいえ一度で全部のコーヒー豆を使用するわけではないので当然余ったコーヒー豆を保存することになりますよね。中には購入時の袋のままにしているという方もいるようですが、コーヒー豆の新鮮さ・美味しさを保つ上ではこれはNG。正しいコーヒー豆の保存法について紹介しますので参考にしてみてくださいね。

コーヒー豆はきちんと保存しなければ劣化が進む

コーヒー豆は割と長く常温保存できそうと思っている人が多いようですが、わたしたちが日頃料理で使用している生鮮食品と同時で簡単に劣化し、味や香りがみるみる変化します。コーヒー豆が劣化する原因は、水分・空気・光・温度によるもの。コーヒー豆は水分を吸いやすく、酸化しやすく、暖かい温度に弱く、さらに紫外線に弱いといった特徴をもっているのです。これらを避けるためには正しくコーヒー豆を保存する必要があります。

密閉保存容器で保存するのはマスト

先ほど紹介したとおり、コーヒー豆は空気に触れることで酸化・劣化してしまうもの。そのためコーヒー豆を保存する容器は、密閉保存ができる容器である必要があります。コーヒー豆は臭いが移りやすい・吸収しやすいといった性質があるため、できれば専用の容器を使用した方がベター。

実は常温ではなく冷凍庫保存が基本

コーヒー豆は温度にも影響を受けるため、常温保存には適しません。そのため保存場所は冷凍庫が基本。冷凍保存した豆がすぐに使えるかという疑問が湧く人もいるようですが、そこは問題なく、冷蔵庫から出してすぐにそのままコーヒーを淹れることができます。使った豆はすぐに冷凍庫へ保存することを習慣としましょう。

ジップロックに入れておいてもOK

ちなみに密閉容器での保存が理想的ではありますが、購入時の袋のまま保存することも可能です。その方法とは、購入時の袋の開封口をしっかり閉じてジップロックに空気を抜いて投入。あとはさきほど説明したとおり冷凍庫に保存するだけです。この方法だと冷凍庫のスペースをあまり占有することなく保存できるのでおすすめです。コーヒー豆を保存する際は参考にしてみてくださいね。


writer:サプリ編集部