彼とは、訳あって離れ離れに。
いくら仕事とはいえ、大好きな彼との別れは、つらいものです。いつまで続くのか、いつになったらゴールインできるのか不安に感じていませんか?

お互いのタイミングが一致するまでは、どうにか乗り越えていかなくてはいけません。

そこで今回は、遠距離恋愛を続けるコツをご紹介いたします。

連絡頻度に執着しない

遠距離恋愛を長く続ける秘訣……それは、連絡頻度にこだわらないことです。

まったく別々の場所で暮らしているからこそ、頻繁に連絡を取り合うのではなく、あえて相手を放っておいてあげるのです。遠距離恋愛といっても、必ずしも2人とも国内にいるとは限りません。

なかには、どちらかが海外へ行っている、あるいはどちらとも海外を転々としているなど、連絡頻度にこだわっていたら、お付き合いは続けられません。必要最低限のやりとりができていれば、それだけで十分。常に自分の近況を彼に知っていてほしいと思うと、心が苦しくなるでしょう。

他のカップルと比較しない

遠距離恋愛をしていると、やはり頻繁には会えません。

2人が離れている距離にもよりますが、1か月〜3か月に1回、会えればいいほうでしょう。そんなとき、友人カップルや夫婦が一緒にデートを楽しんでいたり、旅行に行っていたりする光景を目の当たりにすれば、なぜ自分はここまで彼と一緒に過ごせないか、モヤモヤとしてくるでしょう。

しかし、あなたと彼は、あくまでも遠距離恋愛の状態。他のカップルと比較しても、何ら解決にはならないのです。きっと他のカップルを羨ましく思うほど、心が苦しくなるでしょう。

彼を責めない

遠距離恋愛中で一番彼に対してやってはいけないこと……彼を責めないことです。

距離が離れているからこそ、困ったとき、寂しいときに連絡しても、彼はすぐに駆けつけられません。なにか緊急的な事態が起きても、彼を頼りにせず、自分自身でどうにかしなければいけません。

最初のうちは彼との関係を割り切れても、そのうち、彼に八つ当たりしたくなるでしょう。ところが当たりたいと思っても、彼は側にいない……。散々、我慢した結果、LINEや電話で一方的に彼を非難することに……。彼だって仕事がなければ、あなたと一緒にいたかったはず。あまり責めすぎても、お別れまでのカウントダウンが始まってしまいます。

結婚を迫らない

遠距離恋愛を続けていると、ふと「いつまで続くんだろう?」と思うときがあるでしょう。いつまで離れ離れの状態が続くのか、そう考えるだけで、仕事も手につかなくなるかもしれません。

しかし、どんなに不安や焦りを感じても、彼に対して結婚を迫ってはいけません。彼も彼で、来るべきタイミングを待っているのでしょう。彼まで焦らせると、2人で空回りすることに……。「そろそろ結婚したい」と自分の気持ちを伝えるのと、彼に結婚を迫るのは、まったく別物です。2人で歩調を合わせながらゴールを目指しましょう。

遠距離恋愛を乗り越えられるかどうかは、あなたの対応次第。

いかがでしたか?

遠距離恋愛を始めなければいけないとなったら、前もって2人で目標を決めておくことです。

「○年経ったら」「今の大きなプロジェクトが終わったら」と、同棲や結婚をするタイミングも、できれば明確にしておくと、彼女としては安心できるでしょう。そして最後に必要なのは、彼を信じきる心です!