iPhone 8のデザインを反映した、試作品のダミーモデルとされるものを撮った写真が公開されました。

iPhone 8(試作モデル)の特徴

実際にiPhoneとして機能するものではなく、外観を模した模型と考えられます。写真を公開したのは@VenyaGeskin1氏で、写真は友人から送られてきたもの、としています。

FoxconnはiPhoneの製造も請け負っている企業です。

写真からわかる、iPhone 8の特徴は以下の通りです。

2枚のガラスで金属フレームを挟んだ構造フレームの形状・配色は『iPhone 3G』に似ている電源ボタンは大型化(理由は不明)2つのレンズを縦に搭載したiSightカメラホームボタンは見当たらない

このことから、Touch IDを画面に内蔵したタイプのiPhone 8を模したものと考えられます。現時点で有力視されているタイプです。
→ iPhone 8の詳細を有力紙『Bloomberg』が報じる

一方で『iPhone 5』のようなアルミニウム製ボディを採用し、Touch IDセンサーを背面に搭載するタイプのiPhone 8も試作されているという噂もあります。

Touch IDセンサー内蔵の画面が技術的な問題に直面しているため、こちらのタイプのiPhone 8が正式発表されるとも考えられています。
→ ◯◯製iPhone 8の図面が流出、試作機の1つか

参考

iPhone 8 dummy model surfaces with edge-to-edge display, no rear Touch ID, elongated power button | 9to5Mac@VenyaGeskin1 - Twitter