インド洋を航行中の米原子力空母カール・ビンソン(2017年4月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】防衛省の発表によると、海上自衛隊と朝鮮半島(Korean Peninsula)近海へ向かっている米原子力空母カール・ビンソン(USS Carl Vinson)は23日から西太平洋(Western Pacific)で共同訓練を行う。

 北朝鮮の核問題をめぐり緊張が高まる中、カール・ビンソンを中心とする米空母打撃群は朝鮮半島近海に向けて西太平洋を航行している。

 防衛省によると、カール・ビンソンとの共同訓練は数日間の予定で、海上自衛隊からは2隻の艦艇が参加するという。

 海上自衛隊とカール・ビンソンは3月にも2度の共同訓練を行っている。
【翻訳編集】AFPBB News