スターたちのキレた演技が見もの (C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016

写真拡大

 マーティン・スコセッシが製作総指揮を務め、2016年の第41回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門(世界のエッジのきいた映画を上映する部門)において観客賞を受賞した「フリー・ファイヤー」の本編映像が、公開された。

 「ルーム」や「キングコング 髑髏島の巨神」で知られるオスカー女優ブリー・ラーソン、「第9地区」のシャルト・コプリー、クリストファー・ノーラン監督作品に多数出演するキリアン・マーフィ、「コードネーム U.N.C.L.E.」のアーミー・ハマー、「シング・ストリート 未来へのうた」のジャック・レイナー、「高慢と偏見とゾンビ」のサム・ライリーが結集。銃の取り引きを行うために倉庫に集まった2組のギャングが、ささいな口論から関係がこじれ、銃撃戦を繰り広げるさまを描く。

 公開された本編映像でも、泥沼状態から抜け出そうとひっきりなしに銃を撃ち合う姿がリアリティあふれる映像で描かれており、バーベルを持ったオード(ハマー)がクリス(マーフィ)になぐりかかるさまや、映像の後半では大量のガスボンベに火が付き、大爆発が発生してギャングたちが四方八方に吹き飛ぶシーンが切り取られている。戦況が刻一刻と変化していく様子をリアルタイムに体感できるのが本作の大きな魅力だが、今回のシーンは均衡状態が一気に揺らぐ重要な局面を描いている。

 キャスト陣がそれぞれに濃いキャラクターに扮しているが、切迫した状況にも関わらず車のミラーで髪形を整えるナルシストなオードの姿や、オードとクリスがもみくちゃになりながら「香水をつけやがって」「ひげ用オイルだ」と口論する様子が笑いを誘う。

 「フリー・ファイヤー」は、4月29日から全国公開。