ドイツのベルリン新空港の建設工事が遅れている間に、中国では各地に多数の空港が建設されている。写真は北京の新空港の建設現場。

写真拡大

2017年4月22日、中国紙・長江日報によると、独紙ライニッシェポスト(電子版)は20日、中国で空港が驚異的なペースで建設されていると報じた。ベルリン新空港の建設工事が遅れている間に、中国では各地で多数の空港が建設されている。

ベルリン・ブランデンブルク国際空港は、ずっと前に完成する予定だったが、計画は延期を繰り返し、いまだ完成のめどは立っていない。一方、15年9月に始まった北京の新空港建設は、19年中の完成を目指し急ピッチで工事が進められている。

航空需要が急増する中国では、首都だけでなく、各地に空港が建設されている。ベルリン・ブランデンブルク国際空港の建設が始まった当時、中国国内には空港が140カ所存在していたが、現在までに60カ所が新たに完成している。25年までにさらに124カ所もの空港が完成する予定だ。(翻訳・編集/岡田)