実は完売しているわけではない?

写真拡大

 ガチンコ横綱・稀勢の里の3場所連続優勝がかかる大相撲5月場所は、前売り券の「即完売」が大きく報じられた。しかし、完売したのはチケットのごく一部であることをご存じだろうか。伝統ある国技として運営されてきた大相撲の世界には、数々のマル秘ルールが存在する──。

◆5月場所のチケットは“完売”してない?

 4月8日、大相撲5月場所の前売り券の発売日。両国国技館の窓口前には雨の中、正午の販売開始を待つファンが列をなしていたが、全員が“待ちぼうけ”を食った。同日午前10時からインターネットや電話などでの受け付けが先行して始まり、わずか1時間半で売り切れてしまったのだ。

 衰えを知らない「稀勢の里フィーバー」を象徴する出来事として報じられたが、両国国技館は約1万1000人を収容する大施設だ。それなのに初日から千秋楽までの15日間の全座席が、たった1時間半で売り切れたというのだろうか。そうではない。

「ネットや電話、窓口を通じて協会が直接売りに出すのはチケット全体のおよそ3割とされています。今回報じられた“完売”は、その分が売り切れたということ。残りの7割は『相撲茶屋』に委託されて販売される。相撲観戦の代名詞ともいえる升席の1〜8列目(マス席A)はほとんどが茶屋を通じて売られていきます」(協会関係者)

◆相撲茶屋からチケットを買えるのは誰?

 東京開催の場所の場合、「高砂家」や「四ッ万」などの屋号を持ち、国技館内の通路脇に軒を連ねる20軒の「相撲茶屋」がチケット販売の過半を取り仕切る。その大半は、角界関係者の親族や後援者が経営に携わっており、20軒すべてが相撲協会も出資する国技館サービス株式会社の傘下にある。

「最優先されるのは毎回15日間を通しで購入してくれる得意先。取り扱うチケットの約8割をそうした上客に回す。残りの2割ほどを1日ずつバラ売りしていきます。

 野球賭博や八百長などのスキャンダルによって相撲人気が低迷した時代は、誰でも国技館サービスに電話して茶屋につないでもらえば券を売ってもらえたが、今は一見には厳しいでしょうね。ただ、この相撲ブームのなかでも、茶屋は少しでも高くチケットを買ってくれる上客を探している」(同前)

◆まだチケットを手に入れる方法はある?

 茶屋が上客を探すのは、「協会から委託を受けた時点で定価の90%を協会に納入する」(同前)というシステムがあるから。マス席A(1人1万1700円×4人分=4万6800円)を売りさばいても、茶屋の取り分は4680円しかないし、売れ残ったチケットは協会に返品できない。

 そこで利幅を確保するために出てくるのが「手土産」だ。大きな紙袋に弁当や国技館名物の焼き鳥、力士名の入った湯呑みなどを詰め合わせ、座席の料金に1人あたり5000円から2万円ほど上乗せしてセット販売する。手土産の部分で利益を出すのが茶屋のビジネスモデルだ。

「茶屋はチケットを少しでも高く買ってくれる客へ回したい。若貴ブーム時代には、定価4万円の升席チケットが最高で70万円にもなったことがあると聞きます」(担当記者)

 手土産の入った紙袋を運んでくるのが茶屋の「出方」だ。たっつけ袴姿の案内係である。

「出方はチケットの販売や集金も担当する。観戦した時に祝儀(チップ)を渡すなどして仲良くなれば、値段交渉次第で完売したはずのチケットを入手できることもある」(同前)

 ちなみに席まで案内される際に出方に渡す祝儀は5000〜1万円が相場とされ、これを渡しておくと、「狭い升席では邪魔になる大きな紙袋の手土産を終盤まで預かっておいてくれて、大関戦のあたりで持ってきてくれる」(古参ファン)といった気遣いを受けられる。

「出方には北関東からの出稼ぎが多く、本場所前から国技館内に泊まり込むので、両国周辺の飲食店で顔見知りになるファンもいるそうです」(前出の担当記者)

 ただ、この5月場所は茶屋と近しい関係にある親方衆でさえチケットの入手が困難な状況だ。若手親方の一人はいう。

「どうしても今からチケットが欲しい人は、大企業や個人で15日間通しの升席を押さえている人を探すこと。15日連続で見に行くことはないから、どこか1日分を譲ってもらう。毎場所のように升席で観戦する熱心なファンのなかには、そうやって席を確保している人が少なくありません」

◆チケットなしで国技館で相撲を見る方法は?

 5月場所前には横綱審議委員会の「稽古総見」がある。今年は5月3日。無料で一般公開される。午前7時開場予定で満員になり次第、入場規制がかかる。長蛇の列が予想されるが、チャンスは平等だ。

 ちなみに、国技館内の相撲博物館は無料で入場(平日10〜16時半)でき、「事務所や地下1階にある整形外科を訪れる力士や親方に会えることもある」(前出の古参ファン)という。

※週刊ポスト2017年5月5・12日号