メッシ2発、公式戦500得点! 世界注目のクラシコ、バルサがレアルに3-2劇的逆転勝利

写真拡大

レアルはBBCトリオが先発、バルサはネイマールの代役のFWアルカセル

 全世界注目の「エル・クラシコ」は現地時間23日に行われ、シーソーゲームの末、メッシの公式戦500ゴールが試合最終盤に決まり、3-2でバルサが劇的な逆転勝利を飾った。

 試合前に今年のゴルフ・マスターズを制したセルヒオ・ガルシアが始球式を務めるなどお祭りムードが漂った。そのなかで首位レアルはFWベイル、FWベンゼマ、FWクリスティアーノ・ロナウドのBBCトリオが先発するなどフルメンバー。一方バルサは出場停止のFWネイマールの代役はFWアルカセルが務めた。

 試合は前半5分にカウンターからロナウド、同10分にメッシ、MFイニエスタらが関与したパス回しからFWルイス・スアレスがフィニッシュまで持ち込むなど、お互いの様子を見つつも攻め込む場面が続いた。先手を奪ったのはレアルだった。28分、この日初の右CKからファーサイドのDFマルセロのクロスをDFセルヒオ・ラモスが合わせたシュートはポストに当たったが、その跳ね返りをMFカゼミーロが詰めてゴールを揺らし、1-0とホームチームがリードを奪った。

 しかしその5分後、メッシが輝く。MFブスケツとMFラキティッチとのパス交換からボールを受けると、軽やかなタッチで複数の相手マーカーをかわし、難なくゴール。バルサはエースの一撃で1-1の同点に追いついた。レアルは同37分、精彩を欠いていたベイルがまたも左足を痛めベンチに退き、MFアセンシオを投入せざるを得なくなった。

試合を揺るがす判定で一発レッドカード

 1-1のまま迎えた後半、3分にはマルセロのカットインからパスを受けたMFクロースが際どいシュートを飛ばすなど、レアルが徐々に攻撃をトップギアに入れてきた。8分にはマルセロのクロスにベンゼマが頭で合わせたが、GKテア・シュテーゲンのセーブに遭った。対するバルサもゴール前でフリーになったアルカセル、CKからピケが決定機を迎えたが、GKナバスの好セーブに防がれた。

 その後もロナウド、L・スアレスがお互い決定機を迎えながらも決めきれない展開が続くなか、均衡を破ったのはバルサだった。同27分、メッシの突破のこぼれ球を拾ったラキティッチが切り返しから利き足ではない左足を一閃。鋭い弾道がゴール左隅に突き刺さり、バルサが2-1と逆転に成功した。

 そして同32分、試合を大きく揺るがす判定が下る。右サイドでメッシの突破をスライディングタックルで止めに行ったセルヒオ・ラモスに対して、主審は一発レッドカードを提示。レアルイレブンは猛抗議したものの判定は覆ることなく、レアルは数的不利に陥った。

 同41分、ベンゼマに代わって途中出場のMFハメス・ロドリゲスが大仕事をする。左サイドのマルセロのクロスに対してニアサイドに走り込むと、左足ダイレクトで合わせる。このシュートがGKテア・シュテーゲンの肩口を抜き、2-2とスコアをタイに戻した。

後半アディショナルタイムにドラマ

 しかし後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。自陣深い位置からDFセルジ・ロベルトがドリブルで持ち運ぶと左サイドに展開。MFアンドレ・ゴメス、DFジョルディ・アルバとつなぎ、最後はゴール前でフリーになったナンバー10のもとへ。メッシは左足を振りぬくと、シュートは左隅に突き刺さり、3-2と勝ち越した。

 逆転優勝のためには勝利しかなかったバルサにとって、メッシが遺憾なく実力を発揮。壮絶な撃ち合いを制した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images