「橋下×羽鳥の番組」で橋下徹と石破茂らが北朝鮮について議論を交わす/(C)テレビ朝日

写真拡大

4月24日(月)に放送される「橋下×羽鳥の番組」(毎週月曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)では、自民党の石破茂元防衛大臣と民進党の前原誠司元外務大臣らを迎え、橋下徹が北朝鮮をめぐる国際情勢を徹底分析する。

【写真を見る】石破氏、前原氏を迎え、日本が直面している危機をスタジオで徹底討論する/(C)テレビ朝日

24日の放送では、「Xデーは近い!? 日本では報道されない北朝鮮の真実! 徹底解明SP」と題して、緊迫化する北朝鮮情勢に着目。石破氏、前原氏のほかにも、ジャーナリスト・木村太郎、東海大学教授・金慶珠、経済評論家・森永卓郎、モデル・女優の堀田茜もパネラーとして出演。

世界各国の北朝鮮情勢に関する報道をひもときながら、近々訪れると目される“Xデー”について実際のところはどうなのか、さらには日本が取るべきスタンスについて考えていく。

初登場となる前原氏は「この番組はもちろん見ていましたよ! どうして呼んでくださらないのかなと思っていました(笑)」と笑顔であいさつ。

しかし、討論がはじまるとオープニングの和やかさは一変! 石破氏は「アメリカの武力行使の可能性をゼロと思ってはいけない」「北朝鮮が核を使うという選択肢を持っているとしたら、アメリカ本土が傷つく前にこれを除くという考えは、支持を集めるだろう」と冷静に分析。

木村氏も「時間はそんなに残っていないんです! ICBM(大陸間弾道ミサイル)じゃなく、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)ができてしまうんです。北極星1号に核弾頭が載ってしまったら…」と世界が直面している危機を指摘する。

果たして、“Xデー”は来るのか…!? そして、戦争が勃発する可能性は…!? そのとき、日本はどうなるのか…!? 国民はどうするべきなのか…!?

番組ならではの鋭い切り口で混乱の世界情勢と今を生き抜くヒントを解説。最悪の事態が訪れたとき、日本はどうするべきなのか、番組を見ながら、日本の未来に思いを馳せよう。