菅田将暉(左から2番目)、野村周平(中央)、志尊淳(右から2番目)は一致団結してクイズに挑戦

写真拡大

4月24日(月)に放送される「ネプリーグ」(夜7.00-7.57フジテレビ系)では、菅田将暉、野村周平、志尊淳らが“映画『帝一の國』チーム”として登場し、古閑美保、ハイヒール・リンゴ、森口博子、松居直美ら“オトナ女子チーム”と対決する。

【写真を見る】“オトナ女子”チームは意地と経験で勝負する

1stステージは「ネプレール」。菅田、野村、志尊に対し、オトナ女子チーム・古閑が「見栄えはいいけどクイズはできないでしょ?」と宣戦布告。それに対し、菅田は「(勝手に)言っとけばいいんですよ!」と闘争心をむき出しに。

2ndステージは「音読ルーム」。菅田、野村、志尊が好プレーを連発する一方で、レギュラーの原田泰造がチームの足を引っ張り非難を受ける。

不安そうな様子を見せる“オトナ女子チーム”だが、古閑は「私は緊張を結果に変えられる!」と、プロゴルファーとして培った精神力を発揮。しかし、キャプテン・名倉潤の珍解答で調子が狂ってしまう。

3rdステージは「パーセントバルーン」。“映画『帝一の國』チーム”はLINEのアイコン画像で大盛り上がり。 菅田、野村、志尊らイケメン俳優のLINEのアイコンが明らかに!?

“オトナ女子チーム”では情報番組でコメンテーターを務め、大阪学院大学の名誉博士号を持つリンゴだが、世間とズレているまさかの回答に顔面蒼白に。

平均年齢24歳差の戦いを制し、ボーナステージにたどり着けるのは果たして!?