拡大してよく見よう!
 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017 映画「銀魂」製作委員会

写真拡大

 空知英秋の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)より、メインキャストが勢ぞろいする予告映像がついにお披露目された。すでに主演の小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)らを映した映像が公開されているが、実写版の人気キャラクターたち皆が登場し、動く姿を見せるのはこれが初めて。

 江戸時代末期、宇宙人・天人(あまんと)に支配された世界を舞台に、主人公の銀時が営む万事屋の仲間たちが、さまざまな騒動を繰り広げていく物語。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一が監督を務め、キャストには小栗、菅田、橋本のほか、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、中村勘九郎(近藤勲)、柳楽優弥(土方十四郎)、吉沢亮(沖田総悟)、新井浩文(岡田似蔵)、佐藤二朗(武市変平太)、菜々緒(来島また子)、安田顕(村田鉄矢)、早見あかり(村田鉄子)、堂本剛(高杉晋助)という豪華な顔ぶれがそろう。

 夏の公開を控え、映画の公式Twitterのフォロワー数は28万人を突破、正月に合わせた特別映像は5日間で500万再生を達成するなど、注目が高まる本作。WEB版予告編には、いよいよメインキャストたちが勢ぞろいした。映像は宇宙船が飛び交う近代的な江戸の町を映すと、新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、銀時と新八の出会いの場面が!

 そして、これまで明かされなかった各キャラクターの映像が、短いながら披露されていく。さらに、少年時代の銀時、桂、高杉と思われるような姿や、銀時と薄赤く光る刀を手にした男が激しく剣を交える迫力満点のアクションなど期待をあおりまくるシーンが続くが、最後にはしっかりと“オチ”が用意され、まさに『銀魂』らしい予告に仕上がっている。

 あわせて、WEB版ポスタービジュアルも公開。これまでのキャラクターごとのビジュアルとはまた違った雰囲気で、バズーカを構える沖田や、剣を手にした桂、怪しい光りを放つ刀を抜く似蔵など、それぞれが役柄の特徴を捉えた姿でおさまった、『銀魂』の魅力がギュっと詰まった1枚になっている。映画公開まで3か月を切り、徐々にその全貌があらわになり始めた。(編集部・小山美咲)