「ペットショップで売られている子犬たちの母親を保護しました」
そんな言葉と共に母犬たちの保護を報告したのは、米デラウェア州で活動している動物保護団体Renee’s Rescuresだ。

「もう用済み」とブリーダーが手放した4匹

4月14日、Renee’s Rescuresによって保護されたのがこちらのワンコたちだ。

reneesrescues/Facebook

reneesrescues/Facebook

いずれも5歳ほどのまだ若いワンコたちだ。しかしブリーダーにとっては、もう子犬を産めない「用済み」の犬でしかなかった。

The Dodoが伝えているところによると、Renee’s Rescuresはこういったワンコたちを、20ドル(約2,200円)から40ドル(約4,350円)で買い取っているのだという。

「動物実験に使うから」と説明するのだが、どんな実験なのか、彼女たちにどんな運命が待っているのかを気にするブリーダーはいないそうだ。

4匹には名前が与えられた

今まで番号でしか呼ばれていなかったという彼女たちに、Renee’s Rescuresはリリー(シーズー)、チューリップ(ビション・フリーゼ)、ローズとヴァイオレット(ヨークシャ・テリア)という名前が付けられた。

この投稿は1週間ほどで、700人以上のリアクションと120件を超えるシェアを受けた。また、「君たちが本来生きるべきだった未来が今日から始まる」「なんて心無い人がいるんだ」「助けてくれてありがとう」などの声のほか、多くの引き取り希望者がコメントを寄せた。

過去5年間で300匹を保護

Renee’s Rescuresでは、主に大手のブリーダーから、過去5年間で300匹以上のワンコたちを譲り受けているという。

今回の4匹のワンコたちは無料で手渡された。たとえ無料だとしても、ブリーダーたちは動物保護団体よりも、業者に譲る方法を選ぶという。劣悪な飼育環境が母犬の状態から明らかになり、騒がられるのを警戒しているのだ。

保護したワンコたちは多くの場合、健康に問題を抱えている。そのため、必要な治療が与えられたのちに、新しい家族を探すようになる。

おもちゃも、柔らかい毛布も知らずに育った彼らの場合、治療よりも人への信頼を回復させるのに時間がかかるそうだ。

reneesrescues/Facebook

保護直後の光景

保護された4匹は、健康状態を確認するために獣医の元へと運び込まれた。そして待合室で、こんな光景が見られたという。

reneesrescues/Facebook

一緒に保護されたワンコに、嬉しそうにしっぽを振りながら挨拶をしているチューリップ。「とても素敵な光景だから、皆さんにもシェアします」という説明とともに、Facebookにこの写真が投稿されると、「きっと助けられたってわかってて、“全部うまくいくよ”って話しているに違いない」「かわいらしい」「本当に助けてくれてありがとう」などのコメントが投稿された。

新しい家族の元へ

今回保護された4匹のうち、2匹はすでに新しい家族を見つけた。

ヨークシャー・テリアのローズとヴァイオレットが、共に同じ家庭に引き取られることになったのだ。

また、リリーとチューリップも、引き取り希望者を探しているところだという。

▼リリーもワンコらしさを取り戻している

reneesrescues/Facebook

今までの分までたっぷりと甘やかされながら、幸せに暮らしてほしいものだ。