『AV男優 森林原人のイケるSEX』(扶桑社)

写真拡大

 麻布、栄光学園、筑波大学附属駒場、ラ・サールすべてに合格して、筑駒に進学。そんな「神童」と呼ぶにふさわしい経歴をもちながら、東大には進学せず、現在は日本でも有数のトップAV男優となっている男、森林原人。

 本サイトでは以前、彼の自伝的エッセイ集『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』(講談社)を取り上げ、超高学歴から人気AV男優へと数奇な人生をたどった男がもつ「性」にまつわる哲学を紹介したが、その哲学は、男性優位主義的だったりセックス至上主義的だったりする旧来的なセックス観とは一線を画すものだ。

 そのことがよくわかるのが『AV男優 森林原人のイケるSEX』(扶桑社)。同書は森林が女性からのお悩みに答えるという企画本だが、頭の回転の早さゆえの高いコメント力もさることながら、旧来的なセックス観とは一線を画す森林のアドバイスは、性のちがいを超えた普遍性をもっている。

 本書の悩み相談でしばしば登場するのが、彼氏や夫がいわゆる「AV脳」であるという相談。やたらSM的なプレイを求めてきたり、行為のラストに「何が出るの?」と聞いてくるなど、男がAVを見過ぎているがゆえに発生する悩みは尽きない。

 こういった「AV脳」は男だけの問題ではなく、当の女性自身のなかにも「AV脳」をもっている人はいるようで、「これまでの人生で一度も潮を吹いたことがない」と悩む相談に対し、あれはパフォーマンス上の「見せるための前戯」としてAVの世界で開発されてきたものであり、〈潮吹きが達成感のために使われているセックスはまず気持ちよくないです〉と森林が諌めるくだりも本書にはおさめられている。

 しかし、そんな森林本人もAV脳とは無縁ではない。撮影現場でのこんなエピソードを披露している。

〈今でこそ、したり顔でセックスや愛について語っている僕も、「AV育ち」の「AV脳」なので、AVっぽい質問をしてしまいます。僕のお気に入りは、「おちんちんおいしい?」です。大抵みんなおいしいと答えてくれますが、一度だけ「おいしいわけねーだろ、てめぇで舐めてみろ!」と怒られたことがあります〉

 思わず笑ってしまうエピソードだが、本書のなかでとりわけ目につくのが「セックスレス」に関する相談。彼はそれに関し、〈日本人のセックスレスの原因は、セックスが好きかどうかではなく、する土壌ができていないというか、きっかけ作りが下手なだけな気がします〉と語り、これは性欲の問題ではなく、夫婦や恋人間のコミュニケーションの問題と捉える。そしてこんな提案をするのだった。

〈裸で抱き合うだけの挿入しないセックスを提案してみて下さい。裸で抱き合うと不思議と安心しますから、優しい言葉で会話ができます。それだけでも、随分と気持ちが楽になるはずです。まずは、そこからです。その先には自然とセックスがありますよ〉

 そしてさらに、セックスレスの相談に答えながら彼は、そもそも人間にとって「セックス」とは何かという問いに対して、このような考えを語っている。

〈いきなり壮大な話になりますが、人間は基本的に孤独です。誕生した瞬間から、本能的に孤独を感じており、その孤独をどう克服するかが永遠のテーマだったりします。性欲の本質は、生殖ではなく孤独の克服です。赤ん坊は母親に抱きしめられ、その温もりを通してひとりじゃないんだと安心するそうですが、大人だってそう変わりません、肌の接触が必要で、孤独じゃないと強く感じられるのがセックスです〉
〈人間にとって性欲の本質は、生殖や快楽への欲求ではなく、孤独の克服です。人は人と繋がりたいという欲望を本質的に持っています〉

 前著『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』のなかで森林は、自身がAV男優としての道を歩むことになったそもそものきっかけは、超進学校に通い、自分以上に勉強のできる化け物のような級友に出会ったことで大きな挫折を味わったことだったと語っている。

〈僕が努力してきた時間が無駄と思えるほど圧倒的な頭脳の存在を知らされたのです。勉強もたいしてせず、いとも簡単に合格した奴らが何人もいて、そいつらは、塾にも行かず、親に教わっただけとか、一を聞いただけで十も百もわかってしまうような頭で、天才としか言い表せられません〉
〈全国模試で一ケタ代の順位しか獲らない奴や、数学オリンピックで金メダルを獲る奴、ラジオ英会話を聞くだけで英検一級になっちゃう奴。そんな奴らと学力で張り合おうとは、とてもじゃないけど思えませんでした〉

 そんな思春期の彼を救ってくれたのは「性」であり「エロ」であったと言う。

〈物心ついた僕にとって、性は、救いで、逃げ場だったのです。"性"なんてかしこまった言い方をされるものじゃなく、下品で下世話で面白い"エロ"でしかなかったけど、エロも性の一部だとしたら、僕はやっぱり、性に救われたってことになるんだと思います〉(前掲『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』)

 そんな人生を歩んできた彼は、セックスが心にもたらしてくれるポジティブな変化をこのように語っている。

〈僕は人一倍コンプレックスの塊です。そのコンプレックスの種をどうにかしたいと思い、整形をしようかとか、いっそいなくなってしまいたいとか、いろんな方向でいろいろと考え悩みました。(中略)そんな僕が、セックスで相手と溶け合う瞬間は、自分のすべてを相手が受け止めてくれているように思え、それが勘違いだとしても、僕は僕でいいんだと思い込めて、許せ、受け入れることができます。まぁ言うほど悪くないじゃん自分も、と。どれだけ自分を嫌いになっている時でも、どれだけ嫌なことがあっても、将来に不安を感じどんよりした気持ちになっても、セックスで溶け合った瞬間、それらがとりあえずはどうでも良くなるほどの絶対的な全肯定感に包まれます〉(前掲『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』)

 ただ、セックスによって一瞬は孤独が解消されたと感じたとしても、それは虚像でしかないし、その行為が相手を傷つける可能性も大いに孕んでいるということもまた、彼は理解している。『AV男優 森林原人のイケるSEX』で、森林はこのように語っている。

〈でも、この救われた気持ちは勘違いだということも承知しています。「どれほど相手とひとつになれるいいセックスをしたとしてもわかり合えているわけじゃない」というのと同じで、人と人はつながれた気になっても、それはあくまでも一瞬の出来事で、だから儚く脆く、なかったかのように幻となり、その一瞬が嘘だった気すらしてきてしまう。そんな風に人と人は決して掴めない絆を求め続けながらも、同じところで悩み、つまずき、傷つき、嫌になってしまう〉

 アダルト誌などで執筆活動をしているライターの井川楊枝氏による著書『モザイクの向こう側』(双葉社)によれば、現在のAVでは、男優が童貞であったり早漏であったり、はたまた、プロの男優ではなく素人の男を使ったりといった企画がトレンドであると語られている。これに対し井川氏は前掲書のなかで〈ともに女性慣れしていない男を意味するキーワードであり、それだけ今の購買者が草食化している証かもしれない〉と分析していた。

 森林が人気を集め、多くの監督から引っ張りだこになっているのは、苦い青春を送ったがゆえにそういった新しい感覚をもちあわせた、業界においては稀有なAV男優だからなのだろう。
(田中 教)