福原遥の初主演映画「女々演」が沖縄映画祭で上映

写真拡大

 人気若手女優・福原遥の初主演映画「女々演」が4月23日、開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で上映された。福原は、共演の玉城ティナ、「ロバート」の秋山竜次、高野舞監督とともに、那覇・テンプスホールでの舞台挨拶に臨んだ。

 福原は、「やっとこの日がきました! 早く皆さんにこの作品を見ていただきたかったんです。初めて主演できて本当に嬉しく思います。とっても素敵な作品になりました」と喜びをかみ締めている様子。それでも、脚本を読んだ当初の印象は「女子って怖い! 読み進めるごとに手に汗握ってドキドキハラハラしていました。思春期ならではの雰囲気や感情が、細かく描かれていた」という。

 映画は、文化祭3日前に突然、絶対的なヒロインが辞めた演劇部が舞台。残された4人の「微妙」な女子たちの本音、嘘といった、秘めていた思いが一気にぶつかり合うさまが描かれている。

 教師を演じた秋山は、「男子側からいうと、学生時代に女子の間を漂っていた『なにこの空気』みたいな感じがよく出ていますよ」と太鼓判。それを聞いた福原は、「撮影よりもリハーサルの方が長かったといえるくらいやったので、安心して撮影に入れたんです」と胸を張っていた。