(c)2017YDクリエイション

写真拡大

 今夏配信されるNetflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』の第1〜2話が、4月23日の『島ぜんぶでおーきな祭 -第9回沖縄国際映画祭-』で初公開され、キャストと監督が舞台挨拶を行った。

参考:『沖縄国際映画祭』奥山和由監督作から日豪合作まで、注目作を一挙紹介

 本作は、明石家さんまが企画・プロデュースを務め、ジミー大西を中尾明慶、明石家さんまを小出恵介が演じる実話を基にした物語。子どもの頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・大西が、人気絶頂の明石家さんまと出会い、才能が開花してく様を描く。 

 中尾明慶はジミー大西を演じたことについて、「どう見ても苦労しますよね(笑)。皆さんも一回、ご自身に置き換えて考えていただきたいです。ジミーさんを、もし自分が演じなければいけないとなった時の心境を。(中略)今も第一線で活躍している方で、誰もが知っている方ですから、皆さんに『どういう人がやるんだろう』って思われているのを感じていました。でも現場に入ったら監督をはじめ、カメラマン、メイク、スタイリストなど、いろんな方がジミー大西さんという役を作ってくださるから、皆さんの力を借りながら少しずつ作っていけたかなと思います」と述べた。

また、小出恵介は明石家さんま役を演じたことについて、「まさか自分がさんまさんをやらせてもらえるとは。しかもさんまさん自らプロデュースするとあって、さんまさんと触れ合えるまたとないチャンスだと感じました。非常に大変でしたけれど、本当に楽しくて。さんまさんはやはりスターで、すごくかっこいいので、それを少しでも感じてもらえたら」と自信を覗かせた。

 本作の題材となったジミー大西は、脚本を読んだ際に「ほんとにあった話なんで、『やっぱりこのシーンはあるな』とか考えて、姪っ子と一緒に観んとこうと思いました」と語り、会場の笑いに包んだ。

 作品が上映されると、明石家さんまとジミー大西の若かりし頃をしっかりと感じさせる演技に、小さなどよめきが起こったほか、時には会場が爆笑に包まれることもあった。上映後は拍手が巻き起こり、観客の反応は上々だったといえよう。実際に観客に感想を聞くと、「途中から、中尾さんが本当にジミー大西に見えた。困ったときの表情などがそっくり」との声もあった。

 吉本興業が制作したNetflixオリジナル作品に、高い評価を得た『火花』があるが、『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』もまた大きな注目を集めそうだ。(リアルサウンド映画部)