Doctors Me(ドクターズミー)- 虫歯を放っておくと身体に影響を及ぼすって本当!?

写真拡大

以前は歯に痛みがあったのに、最近は前ほど痛みがなくなった、そんな経験はありませんか?

もちろん、痛みを感じなくなっても虫歯が消えたわけではありません。そして放っておくと、口内だけでなく、身体にも影響してしまうのです。

今回は、虫歯を長期間放置したことにより起こる症状や身体への影響などについて、歯科医師に詳しい話を聞いてきました。

虫歯を長期間放置することで起こる歯の症状は?

小さい虫歯でも放置しているとやがて大きく深い穴が開き、下記のような歯髄炎(しずいえん)の症状が起こります。

・虫歯菌による歯髄への感染
・冷温痛
・咬み合わせが強く当たる など

鎮痛剤などで一時的に症状が緩和することもありますが、歯髄の状態は戻ることはないので、そのままにしておくと壊死し腐敗することになります。

歯髄が完全に壊死すると強い痛みがなくなります。だからといってまたそのまま放置してしまうと、歯を支える骨にまで炎症が広がり根尖性歯周炎になる恐れがあります。

根尖性歯周炎になると、下記のような症状があらわれます。

・歯が浮くような痛み
・咬むと痛い

急性症状では、歯が揺れたり、歯茎や顔が大きく腫れる可能性もあります。

おそろしい歯性感染症とは?

虫歯菌や歯周病菌による口腔内の炎症が、顔面の組織まで広がってしまうことを歯性感染症といいます。
急性症状では、下記などの機能障害が強くあらわれる可能性があり、やがて膿瘍が作られることもあります。

・開口障害
・咀シャク障害
・嚥下障害(えんげしょうがい)

虫歯が健康被害を起こすメカニズムは?

歯周病が進行すると歯周ポケットは深くなり、歯周病菌の数も増えるようになります。
悪化した歯周ポケットは炎症により傷つき出血を引き起こすようになります。

この炎症部位から血流に乗って全身に運ばれた歯周病菌や内毒素は、 体中のあらゆる組織や臓器に悪い影響を与え、さまざまな疾患を引き起こすと考えられています。

悪化した虫歯が引き起こすと考えられる身体の病気は?

虫歯を治療せずそのままにしておくと、口腔清掃が不十分になりプラーク量が増えていき、以下のような病気を引き起こす可能性があります。

・誤嚥性肺炎
・心内膜炎
・糖尿病
・動脈硬化
・心筋梗塞
・早産
・低体重児出産

これは虫歯菌が原因ですが、口腔ケア(口腔清拭、洗口やブラッシング)を十分に行うとリスクが低くなるといわれています。

虫歯を防ぐためにできることとは?

虫歯のなりやすさは下記に関係しています。

・唾液の性質と量
・食事習慣(間食の取り方)
・歯のブラッシング

虫歯予防のために、唾液検査や、自分が虫歯になりやすいかどうかを調べることができるカリエスリスク検査などを行っている歯科医院もありますので、自分の口腔状態を知るために一度実施してみるのもよいかもしれません。

また、歯の磨き残しも虫歯につながる原因となりますので、次回歯科医院に行かれる時は、正しい歯のブラッシング法について衛生士さんに聞いてみてはいかがでしょうか。

最後に歯科医師から一言

口腔内の菌といくつかの身体の病気の関連性が明らかになっています。
プラークコントロールによりそのリスクが下がることも報告されていますので、何か持病をお持ちの方は、毎日のブラッシングを徹底し、歯科医院での定期検診を受けるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 歯科医師)