福岡の2選手が記録達成…山瀬はJ2通算150試合、石津は通算100試合に到達

写真拡大

 アビスパ福岡のMF山瀬功治がJ2通算150試合出場を、FW石津大介がJ2通算100試合出場を達成した。

 両選手は22日に行われた2017明治安田生命J2リーグ第8節・水戸ホーリーホック戦に先発出場。これにより、山瀬はJ2通算150試合出場に、石津はJ2通算100試合出場にそれぞれ到達した。

 山瀬は2000年5月4日に行われたJ2第10節・湘南ベルマーレ戦でJ2初出場。その後は長くJ1でプレーしていたこともあり、プロ17年目での記録達成となっている。

 また、石津はプロ1年目の2012年3月17日に開催されたJ2第3節・湘南戦でJ2初出場を飾った。2013年には39試合に出場して11ゴールを挙げる活躍を見せる。2014年8月より昨季までヴィッセル神戸に期限付き移籍。今季より、福岡に復帰してプレーしている。こちらはプロ6年目での記録達成となった。

 なお、22日の水戸戦は1−1の引き分けに終わり、両選手の記録達成を勝利で祝うことはできなかった。