トークイベントに池松壮亮も登場! (C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

写真拡大

 石井裕也監督による長編第12弾「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の公開を記念し、5月6日に東京・テアトル新宿で「石井裕也監督作品オールナイト」が開催されることが決定した。

 松田龍平&宮崎あおい共演の「舟を編む」、妻夫木聡主演の「ぼくたちの家族」といった長編2作から、罵倒や怒声だけで撮られた「吠える」、漫画「ドラゴンボール」を映画化しようと奮闘する若者を描いた「ゴ」などの短編7作を上映。トークイベントも行われ、石井監督はもちろん、石井組に3度参加している俳優・池松壮亮が登壇する。

 石井監督は、24歳でアジア・フィルム・アワードの「第1回エドワード・ヤン記念アジア新人監督大賞」に輝き、「川の底からこんにちは」(2009)では第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。さらに「舟を編む」(13)は第37回日本アカデミー賞の最優秀作品賞ほか、国内映画賞を席巻し、第86回米アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品に選出された。

 また「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、池松&石橋静河がダブル主演し、最果タヒ氏の現代詩集を映画化。排他的な東京で、生きづらさを抱えながら暮らす若者2人のラブストーリーを描いた。5月13日に東京・新宿ピカデリー、渋谷ユーロスペースで先行公開、5月27日から全国順次公開。