「マンツーマン」パク・ヘジン、パク・ソンウンの手を取って走る

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
パク・ヘジンがパク・ソンウンの手を握って走った。

韓国で22日に放送されたJTBC「マンツーマン」第2話では、ボディガードキム・ソル(パク・ヘジン) が、韓流スターヨ・ウングァン(パク・ソンウン) の最初のプロファイリングで「他人をいじめるのを楽しんでいるサイコパス」と判断した。

この日、ヨ・ウングァンは時間になっても起きず、起こしに来たキム・ソルに「今日撮るシーンが死ぬシーンだ」と述べた。

キム・ソルは、アラーム時計を持って部屋から出て「爆発物」と言った。結局、ヨ・ウングァンはベッドで起きてボタンを押した。キム・ソルは「ボディガードの言葉を信じて信頼すること。安全警護の基本だ」と拍手した。

移動中、ヨ・ウングァンは渋滞が発生していることに不満を抱いて、どうにかしてみろとキム・ソルに話した。これに、キム・ソルは方法がないわけではないと言い、ヨ・ウングァンの手を握って地下鉄駅へ走った。