(C)2017『火花』製作委員会

写真拡大

 映画『火花』のクランクアップ記者会見が、4月23日に『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』にて行われた。会見では、主演の菅田将暉と桐谷健太のビデオレターが公開されたほか、板尾創路監督が登壇し、記者からの質問に応えた。

参考:Netflix『火花』なぜNHK総合で放送? 吉本興業による映像事業の可能性

 同作は、お笑い芸人・ピースの又吉直樹による同名小説を原作とし、又吉と同じく吉本興業に所属する板尾創路が監督を勤めている。お笑い芸人を目指す若者・徳永を菅田が、徳永が憧れる天才肌の先輩芸人・神谷を桐谷が、それぞれ演じている。

 桐谷は、今作のクランクアップを終えて、「神谷って役をやれたことがすごい良かった。将暉にも支えられ、相方(三浦誠己)にも支えられ、監督も優しい眼差しで見つめてくれて。二度とこういう役は来ないんじゃないかなって。奇跡やと感じています」と、関西弁で感想を述べた。

 また、菅田はお笑い芸人を演じたことについて、「お笑い芸人さんを演じるって、一生に一度あるかどうか。もちろんドキュメンタリーではないけれど、漫才シーンでは本当にお客さんが入って、本気で笑わそうとネタをやった。本当にライブだった。相方の川谷修士(2丁拳銃)さんへの信頼が半端じゃなかったんで、あれはほんまにない(貴重な体験だった)と思いました。この先が崖だとしても、こっちは突っ込むと。それを(川谷は)受け止めてくれる」と語った。

 監督を勤めた板尾は、「望んでたキャスティングであり、運命だったと思います。二人とも関西出身で、お笑いも大好きで、実際の先輩後輩同士でもある」と、役柄との相性の良さをアピール。さらに、芥川賞受賞作を映画化することについて聞かれると、「自分の生きている世界なので、正解はわかっているつもりです」と、自信をのぞかせた。また、原作者の又吉が、映画化するにあたって新たに二人のエピソードを追加したことも明かした。

 なお、リアルサウンド映画部では近日、板尾監督のインタビューを掲載する予定だ。