ZE:A ヒョンシク、パク・ボヨンとの共演に「ドラマ『花郎』のグループチャットが大騒ぎだった」

写真拡大

ZE:A ヒョンシクがパク・ボヨンと作品で一緒に演技したことを光栄に思う、と述べた。

韓国で本日(23日) 放送されたMBC「セクションTV芸能通信」でヒョンシクは、「パク・ボヨンとともにドラマに出演するということに、周りが大騷ぎだった」「ドラマ『花郎』のグループチャットが大騒ぎだった」と回想した。

ヒョンシクは最近放送終了したJTBC人気ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」でCEOアン・ミンヒョク役で出演し、ト・ボンスン役のパク・ボヨンと恋人として演技を披露した。彼は「キス職人」という修飾語について「感謝している」と答えた。

彼はさらに「主観がはっきりしていて、そばにいると抱きしめてあげたい女性が理想のタイプ」だとしながらも、「パク・ボヨンが理想か?」という質問には困って答えられなかった。