20日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国メーカーのバイクと日本メーカーのバイクとの違いについて紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年4月20日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国メーカーのバイクと日本メーカーのバイクとの違いについて紹介する記事を掲載した。

記事は、中国のバイクユーザーのコメントを紹介。愛国心から中国メーカーのバイクを買ったという男性は、時速50キロを超えると我慢ならないほどの振動があり、塗装やフレームもひどいものだったという。購入から1カ月でライトが焼け、2カ月もしないでセルモーターが壊れ、交換してもまた壊れ、3カ月もせずに売り飛ばしてしまったという。

別のユーザーは、2000年にスズキのバイクを購入し、消耗品を何度も交換して乗り続けているそうだが、「エンジンからは何の異音もしない」という。また別のユーザーは2005年にホンダのバイクを購入。バッテリーを交換した以外は全く問題がないと伝えた。さらに別のユーザーは、国産部品が使われているところは必ず壊れると指摘した。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国人は同胞をだますのが好き。きちんと造れたとしてもきちんと造らない。壊れないと持続的に発展できないと思うからだ」「これが中国人の腐った根性だ。技術や科学を尊重せず、もうかるとみたらすぐにまねをし、価格競争になるだけ」などのコメントが寄せられた。

また、「バイクと言わず、小さなものではひげそりだって国産と外国産では50年の開きがある」「ベトナムはかつて大量の中国バイクを輸入したが、今はほとんどが日本メーカーに取って代わった。ベトナムでは中国バイクが劣悪品の代名詞となった」という意見もあり、中国製に対して中国のネットユーザーも信頼していないようである。(翻訳・編集/山中)