広島MF柴&神戸DF高橋峻がJ1通算150試合出場…柴は節目の試合で劇的弾

写真拡大

 サンフレッチェ広島のMF柴晃誠とヴィッセル神戸のDF高橋峻希が、J1通算150試合出場を達成した。

 柴は、22日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第8節・ベガルタ仙台戦に先発出場して記録に到達。東京ヴェルディ在籍時の2008年4月12日に行われた第6節・FC東京戦でJ1初出場をマークして以来、10年での記録達成となった。22日の仙台戦では、2−3で迎えた後半アディショナルタイム5分に劇的な同点弾を決め、節目の試合でチームに勝ち点1をもたらしている。

 また、高橋も22日に行われたJ1第8節・サガン鳥栖戦に先発出場して通算150試合出場を達成。初出場は浦和レッズ在籍時の2009年5月10日に開催された第11節・川崎フロンターレ戦で、プロ9年目での記録達成となっている。なお、試合は1−0で敗れ、節目の試合を勝利で飾ることはできなかった。