メンバーのソロ写真超特急

掲げてきた目標を次々と達成し、経験値を積み上げている超特急が活動5周年を記念してシングル「超ネバギバDANCE」をリリース。勢いそのままに、まだ見ぬ8号車と繋がるべく超特急史上もっともポジティブなメッセージを届ける!


INTERVIEW & TEXT BY フジジュン



「僕たちが超特急です!」と自信を持って出せる曲


──5周年を記念したシングル「超ネバギバDANCE」が完成。メディアへの露出も増えて、超特急を初めて知る人にもどんなグループか説明なしで理解してもらえる曲になりました。


コーイチ まさにこれを聴けば超特急が何者なのかわかる、名刺代わりの曲になりました。

“超特急”と入った歌詞もそうだし、ダンスもコミカルでキャッチーで一緒に踊りやすいし、コールも合わせやすくて。


歌詞に“僕らはいつも全力で諦めないんだぜ”というメッセージもあり、いたるところに超特急らしさが散りばめられた、「僕たちが超特急です!」と自信を持って出せる曲になりました。



コーイチ(1号車、BACK VOCAL、お父さん担当)

思わず真似したくなるんじゃないでしょうか


──この曲を最初に聴いたときの感想は?


コーイチ やっぱり超特急は、メインダンサー&バックボーカルグループということもあり、歌だけだと自分のものとして表現できるか……あまりピンと来てなかったんですけど、ダンスが入った瞬間に「キタッ!」と思いましたね。


タカシ 僕は本当に5周年記念にふさわしい曲だと思ったし、歌詞もすごく前向きだから、レコーディングで歌っているときから今の超特急にしっくりくるんじゃないかなって思いました。


歌ってても楽しいし、ダンスとか合いの手とかわかりやすいですし。ライブに初めて乗車してくれた人も楽しんでもらえるような楽曲になると思って、ワクワクしてます。


リョウガ 僕はまず初めて聴いたとき、耳に残りやすいフレーズが多く盛り込まれていたので面白いなと。そのフレーズに合わせた振り付けもコミカルで、思わず真似したくなるんじゃないでしょうか。



リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)

タクヤ すでにライブで何度か披露してるんですけど、最初は(新曲を)観てる感じだったお客さんがちょっとずつ振りを真似してくれたんです。それを見て、この曲を8号車(=ファン)と一緒にどんどん育てていきたいと思ったし、僕たちを知らない人にも広まってくれれば良いなと思いました。



タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)

待て待て! 尻文字なんて書いてないぞ


──ユースケくんの魅せ場はあるんですか?


ユースケ ありますよ! ラスサビのところで、また変顔をさせていただいてます(笑)。あと、いちばんの見どころとしては、尻文字を書くダンスがあるんですけど……。


カイ 待て待て! 尻文字なんて書いてないぞ。


ユーキ あれは腰を振ってるだけだから(笑)。


ユースケ じゃあ、尻文字風ダンスって言うの?(笑) そのダンスを振り付けしてもらったとき、振付師さんに「この尻文字ダンスができるのは、超特急しかいない!」って言われてうれしかったし、お客さんの前で7人が尻を出すダンスは衝撃だと思います。



ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)

──わはは、ライブが楽しみです!(笑)


ユーキ 今回、振り付けも含めて、超特急の等身大という気がすごくします。この曲で超特急の存在をさらに世に知らしめて、音楽番組にもガシガシ出れたら良いなと思っています!



ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)

超特急の曲というより、8号車と一緒に歌う曲ってイメージが強い


──他にも「gr8est journey」「PAPAPA JUMPERS」の2曲もすごく良くて。シングルながら、超特急の魅力が多方向から見える作品になっています。


カイ 「gr8est journey」は、4月から始まる全国ツアーのテーマ曲なんです。約4ヵ月に渡って、いろんな地方を回る旅をイメージしているんです。曲調的にも「fanfare」や「Synchronism」みたいな、ライブで映える曲になるんじゃないかな?



カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)

コーイチ 僕もこの曲は8号車のみんながすごく喜んでくれるだろうなと思っていて。ライブでは一緒に叫んだり、手で振りを真似したりしながら、8号車と一緒に「この曲良いなぁ」と思えたらうれしいですね。


タカシ だから、この曲は超特急の曲というより、8号車と一緒に歌う曲ってイメージが強くて。今回のツアーも初開通の場所が多いので、初めて乗車してくれる8号車ともこの曲で盛り上がりたいです。


少しくらい噛んでもわからないかな?


──「PAPAPA JUMPERS」はアッパーなライブ仕様の楽曲で。


カイ 「バッタマン」を超える、超特急史上最速の曲が生まれました(笑)。僕は聴いたときにバンドっぽいなと思ったし、聴いた瞬間に気持ちが跳ね上がる感じがあって。8号車と一緒にぴょんぴょん飛び跳ねられる曲になれば、楽しいですね。これ、すごい早口だけど……ボーカルはちゃんとライブで歌えるの?


コーイチ 頑張る(笑)。少しくらい噛んでもわからないかな? と思ってるけど(笑)。


タカシ 歌詞でも“てんやわんや”って言ってるけど、ライブでもてんやわんやで、あっと言う間に終わる感じの曲になるんじゃないかな? 歌詞には前向きなメッセージも入ってて、歌ってるこっちまで楽しくなります。


インタビューの続きは明日[2017.04.24.18:00]公開!



タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)


番組情報




MUSIC ON! TV(エムオン!)発の音楽番組「ZOOM UP!」内「TREND ZOOM UP!」に登場!


MV「超ネバギバDANCE」 ※コメント有

4/24(月)〜4/28(金)6:30〜7:00


詳細はこちら

※MUSIC ON! TV(エムオン!)は、スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、ひかりTVなどでご覧いただける音楽チャンネルです。



ライブ情報


Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」

04/29(土・祝)北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

05/03(水・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール

05/04(木・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール

05/06(土)山口・周南市文化会館

05/07(日)広島・広島JMSアステールプラザ大ホール

05/12(金)神奈川・よこすか芸術劇場

05/20(土)石川・本多の森ホール

05/21(日)富山・高周波文化ホール

05/27(土)静岡・静岡市民文化会館 大ホール

05/28(日)岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール

06/03(土)和歌山・和歌山市民会館 大ホール

06/14(水)東京・日本武道館

06/17(土)鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第二ホール

06/18(日)福岡・福岡サンパレス

06/24(土)千葉・松戸 森のホール21 大ホール

07/01(土)山形・酒田市民会館 希望ホール

07/02(日)宮城・東京エレクトロンホール宮城

07/15(土)香川・サンポートホール高松・大ホール

07/17(月・祝)愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール

07/23(日)兵庫・神戸国際会館 こくさいホール

08/08(火)東京・国際フォーラム ホールA


詳細はこちら



プロフィール


チョウトッキュウ/コーイチ(1号車、BACK VOCAL、お父さん担当)、カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)、リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)、タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)、ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)、ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)、タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)。2011年12月25日に結成された7人組メインダンサー&バックボーカルグループ。


オフィシャルサイト



リリース情報


2017.04.26 ON SALE

SINGLE「超ネバギバDANCE」

SDR